おうちトレーニング

2021.09.01

vol.19 肌荒れが改善!?モデルトレーナーが教える、腸活ストレッチで美肌をめざそう!

肌荒れの原因とは

肌荒れは女性にとって大きな悩みの1つですが、近年では男性も肌に対する意識が高くなり、「美肌」は男女問わず大きな関心事になってきています。

肌が荒れていると、お出かけすることが嫌になってしまいますよね。

皆さんは、肌が荒れてしまった時、どのように対処していますか?

お化粧を控えたり、薬を塗ったりするけど、なかなか改善しない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

肌荒れは、皮膚の問題だけでなく体(腸)の不調が原因であること多く、腸内環境を改善しなければ、肌トラブルを繰り返すことになってしまいます。

今回は腸にアプローチすることで肌荒れを改善する方法をレクチャーします!

今回の講師紹介

山田 さやか(ヤマダ サヤカ)トレーナー

モデル・役者として活躍する他、数々のボディコンテンストにて優勝経験があり、ボディメイクを専門にしたパーソナルトレーナーとして活躍中。

■ボディコンテスト等 受賞歴
1999年水上スキー新人戦全国大会 女子スラローム2位 女子団体総合優勝
2017年NPCJ アスリートモデル優勝
2018年NPCJアスリートモデル2位 ビキニオープン3位
2018年The red carpet 4位
2019年NPCJ アスリートモデルエリート優勝
2019年NPCJ ビキニエリート優勝
2020年FWJ アスリートモデルエリート優勝
2021年NPCJ アスリートモデル優勝

■保有資格
NSCA 全米公認 ストレングス&コンディショニングパーソナルトレーナー

■より詳細なプロフィールとパーソナルトレーニングについてのお問い合わせは下記サイトを参照ください
https://mytr.jp/trainer/1573913031829110326

肌荒れと腸の関係性

肌細胞のターンオーバー(古い細胞から新しい細胞に生まれ変わること)が約2週間と言われています。ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、新しい肌の細胞をつくりにくくなってしまい、「くすみ」や「吹き出物」など肌荒れの原因になってしまいます。

そして肌の調子に大きく影響する器官が「腸」です。

腸は食べ物を消化・吸収する器官ですが、口から入ってきた食べ物と一緒に侵入してきたウイルスや病原菌を排除する免疫細胞が多く、体内の約60~80%が集まっていると言われています。

また、リラックス・安心感・幸福感などをもたらし、「幸せホルモン」とも呼ばれている「セロトニン」という神経伝達物質も体内の約90%が腸に存在すると言われています。

腸の環境が整っていると、体も心も良い状態になり、肌のターンオーバーも正常に行われて良好な肌状態をキープすることができます。

運動による腸活のポイント

腸内環境を整える腸活には食事・運動・休息からのアプローチがありますが、今回は運動からのアプローチをご紹介します。

運動による腸活をする上で3つのポイントがあります。

①腸へ直接的な刺激を与えるストレッチ

腸をマッサージすることにより直接的な刺激を与えて、ぜん動運動(腸が消化吸収するための自然な動き)を活性化させます。ぜん動運動が鈍いと消化不良になったり便秘を引き起こし、腸内環境が悪化してしまいます。

②体幹を鍛える

体幹(=インナーマッスル)は内臓を正しい位置にキープするために必要な筋肉です。正しい位置にないと内臓が正常に機能しなくなってしまい、腸内環境の悪化につながります。

③腹斜筋を鍛える

腸内環境を改善し肌荒れ改善につながるエクササイズ5選

ガス抜きのポーズ

腸のぜん動運動を促進させるエクササイズ

プランク

ロシアンツイスト

ツイストプランク

PAGE TOP