おうちトレーニング

vol.29 〈ビデオレッスン〉きれなウエストラインを作るピラティス

今回は、誰でも簡単に行える、きれいなウエストラインを作るためのピラティスをご紹介します。
腹筋にフォーカスしたピラティスは、背骨を丸める、ウエストをひねる、体幹を固定する、などの動作を繰り返すことで、しなやかに動く事を目指します。インナーマッスルが刺激されるため、気になるポッコリお腹が解消されたり、くびれを作るのにピッタリです。また、たくさん背骨を動かすことで自律神経のバランスが整い、日常の疲労感の緩和や姿勢不良の改善にも効果が期待できます。

今回の講師紹介

Mei インストラクター

プロフィール

フィットネスインストラクター、チアダンス講師。現在は主に都内でPOP PILATESインストラクターとして活動中。自身が考案したオリジナルダンスエクササイズ「チアエク☆」のレッスンを行っている。またプロチアダンサー経験からキッズチア講師としても活動しており、約50名程の生徒に指導を行っている。指導以外では企業向けにダンスの振付、フィットネスのコリオ考案などを手掛けている。また、女性雑誌Woman's healthのフィットガール2021として現在活動中で、TV、イベント、雑誌など、活動の幅を広げている。
▼instagramはこちら
@meitraining

ビデオレッスンはこちら

上記画像をクリックするとビデオレッスンを受講することができます。

 

※掲載の動画は無料でライブレッスン受け放題・ビデオレッスン見放題のサービス、アスエミより提供しております。もっとライブレッスンも受けてみたい、ビデオレッスンも受けてみたいという方は下記へアクセス後、無料会員登録のうえご利用ください。

ビデオレッスンで行うエクササイズの紹介

今回のプログラムで行うエクササイズの一部をご紹介します。
ぜひ、動画をご覧のうえお試しください。

プランク

まずは手の平とつま先を床につけて、体が一直線になるように意識して姿勢を保ち、腹筋のインナーマッスルを活性させて体幹を安定させます。
(ハードに感じる方は、ひざを床につけて四つん這い姿勢からスタートしてみましょう)

ヒップツイスト

くびれを作るツイストの動作は、息を吐きながら、胸からひねる様なイメージでお尻を床に近づけましょう。

Cカーブ

背中をできるだけ丸めることが、腹筋をしっかりと収縮させる事に繋がります。
起き上がった姿勢からスタートするので、無理なく腹筋に負荷をかける感覚を掴むことができます。

ロールアップダウン

最後は背骨を一つずつ動かす意識で、手足の先まで伸びやかに動かしながら、腹筋の上部から下部までを刺激します。

いかがでしたでしょうか。

自宅で無理なく行えるピラティスエクササイズで、きれいなウエストラインを手に入れるための運動習慣を取り入れてみましょう。

PAGE TOP