おうちトレーニング

vol.28 〈ビデオレッスン〉美脚を作るピラティス

今回は、誰でも簡単に行える、美脚のためのピラティスをご紹介します。
腿周りの筋トレによる引き締め効果はもちろん、脚を伸ばしながら上げる動作の反復により、腿の裏やふくらはぎの浮腫みの解消や、柔軟性の向上にも繋がるメニューをご紹介します。
床で寝ながら気軽に行えるメニューのみで構成されていますが、どのメニューも体幹がポイントになる内容です。身体がブレないよう意識することで、お腹周りを引き締める体幹トレーニングの効果も期待できます。

今回の講師紹介

Mei インストラクター

プロフィール

フィットネスインストラクター、チアダンス講師。現在は主に都内でPOP PILATESインストラクターとして活動中。自身が考案したオリジナルダンスエクササイズ「チアエク☆」のレッスンを行っている。またプロチアダンサー経験からキッズチア講師としても活動しており、約50名程の生徒に指導を行っている。指導以外では企業向けにダンスの振付、フィットネスのコリオ考案などを手掛けている。また、女性雑誌Woman's healthのフィットガール2021として現在活動中で、TV、イベント、雑誌など、活動の幅を広げている。
▼instagramはこちら
@meitraining

ビデオレッスンはこちら

上記画像をクリックするとビデオレッスンを受講することができます。

 

※掲載の動画は無料でライブレッスン受け放題・ビデオレッスン見放題のサービス、アスエミより提供しております。もっとライブレッスンも受けてみたい、ビデオレッスンも受けてみたいという方は下記へアクセス後、無料会員登録のうえご利用ください。

ビデオレッスンで行うエクササイズの紹介

今回のプログラムで行うエクササイズをご紹介します。
ぜひ、動画をご覧のうえお試しください。

わき腹の引き上げ(運動効果を引き出す準備)

脚を大きく動かして効果を高めるために、まずは土台を安定させる事が重要です。各エクササイズの前に体幹、特にわき腹を引き上げて安定させます。

ラインニングキック(効果:前腿と下っ腹の引き締め)

まずは骨盤を正面に向けたまま、体が前に倒れないように気をつけましょう。回数を重ねるごとに少しずつ動きをダイナミックにして、効果をアップさせましょう。

サイドキックアップダウン(効果:外腿とお尻の引き締め)

今度は体が後ろに倒れないように気をつけましょう。膝裏がピンと伸びることを優先して高さをコントロールしましょう。

レッグアダクション(効果:内腿のたるみをスッキリさせる)

脚を引き上げる際、かかとをなるべく遠ざけることを意識すると、より内腿の筋肉が刺激されます。

いかがでしたでしょうか。

自宅で無理なく行えるピラティスエクササイズで、美脚を手に入れるための運動習慣をつけてみましょう。

PAGE TOP