OFF TIMES

テラリウム

テラリウムとは

テラリウムとは、ガラスなどの透明な容器に植物を寄せ植えし、鑑賞するインテリアグリーンです。手間があまりかからず、初めての人でも簡単に楽しむことができるので、インテリア雑貨としても注目を集めています。使用するのは、土のいらないエアプランツや植物自体に水を蓄える能力がある苔、サボテン、多肉植物など。また、ミニチュアを加えて、ストーリー性を作り出すと、オリジナリティーのある世界が広がりますね。創る愉しみ、観る楽しみを味わえるテラリウム、ぜひお部屋に飾ってみませんか?

作り方

材料
・多肉植物2種
・サボテン1種
・園芸用の土(多肉植物&サボテン用の土、水苔、セラミスなど)
・ガラス製容器
・バークチップ(木片)
・モス(苔)
・割りばし(あればピンセット)
・スプーン
・ミニチュア
手順1
多肉植物とサボテンをそれぞれポットからはずし、根を傷つけないように余分な土を落とす。
手順2
スプーンを使ってビンの底に園芸用の土を入れていく。このとき、土は植え込み用に少し残しておく。
手順3
割りばしで土の上に植物を配置する。
手順4
スプーンで植物の根が埋まるように残りの土を足し、植物を植え込んでいく。
手順5
植物を植え込んだら、バークチップとモスを配置する。お好みで貝殻や小石などを配置してもよい
手順6
最後にミニチュアを配置して完成。

ワンポイントアドバイス

多肉植物は、種類によって成長期は異なるものの、全般的に日当たりと風通しが良いところが大好きです。ただし、真夏の直射日光は強すぎて、「葉焼け」の原因となります。やわらかい日が当たる場所を置いてあげましょう。また、水やりは1~2週間おきを目安に霧吹きで与えてください。その際、容器の底に水が溜まると「根腐れ」を起こす原因となります。屋外に置く場合も雨の当たる場所は避けてください。水不足か日照不足になると、植物にしわが寄ったり、葉が黄色くなったりして、元気がなくなってしまいます。その場合、急激な環境変化はNGです。

PAGE TOP