想/匠

Vol.41 「侵入」を防ぐ家。

※「クリオ レジダンス八王子ザ・マークス」外観完成予想図
安心して暮らすために欠かすことのできない、住宅のセキュリティ対策。一般的にマンションでは、戸建て住宅に比べ、より強固なセキュリティ対策が設けられている場合が多く、その設備や技術がマンション選びの重要なポイントになっています。クリオマンションでは、独自のセキュリティシステム「セキュリオ」を採用。外部からの侵入に対して「3重の備え」を施しています。
 
まず【1次の備え】は、「マンションを狙われにくくする」ための対策。外構や建物周りの見た目を侵入しにくく感じられるように設計し、侵入を未然に防ぐことです。例えば、外部から敷地内が見えにくい造りや植栽計画にする、外壁に足がかりをつけない、フェンスは高さ約2mを確保し、上部に忍び返しを設置するなどの工夫です。次に【2次の備え】は、「建物内に侵入されにくくする」ための対策です。入居者と一緒にオートロックを通過する「伴連れ」に配慮したダブルオートロックや、多彩なエレベーターセキュリティ、共用部の随所に設置された防犯カメラなどが、これにあたります。そして【3次の備え】は「専有部に侵入されにくくする」ための対策です。ハイセキュリティキーのダブルロックを始めとする数々の最新セキュリティ技術を玄関ドアに施し、玄関ドアだけでなく窓などの開口部にも防犯センサーを設置。また、大手警備会社のセキュリティシステムを導入して、24時間365日の監視体制を設けるなど、万が一マンション内に侵入できたとしても、専有部には入れないように対策することで、各住戸の安全性を確保しています。
 
さらに「セキュリオ」では、必要とされる入居者同士のコミュニケーションや、入居者自身の出入りの利便性などを保ちつつ、この「3重の備え」を施すことを心掛けています。 そのため、都市型、郊外型、ファミリー向け、シングル・ディンクス向けなど、それぞれのマンションごとの特性を十分に考慮し、その都度最適なセキュリティ設備を厳選して導入しています。
「3重の備え」で住む人の暮らしを守る。安全で快適な住環境を提供する。それが、クリオマンションシリーズです。
 
※セキュリティ設備の内容・仕様はマンションごとに異なります。
(2017年11月掲載)

きずなCOMMUNICATION

皆様と明和地所グループの「つながり」、親と子の「絆」などをテーマにコンテンツやイベントを実施していきます。

PAGE TOP