想/匠

Vol.43 スマホで操作できる家。

※画像はイメージです。
「IoT」という言葉をご存知でしょうか。最近よく耳にするこの「IoT」とは、「Internet of Things」の頭文字を取った単語で、日本語では「モノのインターネット」と呼ばれています。簡単に言うと、身の周りのあらゆるモノをインターネットにつないで、世の中をますます便利にする仕組みのことで、昨今では様々な分野で「IoT」の実用化が進んでいます。クリオマンションでも、住宅における「IoT」の活用に早くから着目し、先進機能を多数採用した「IoT型マンション」の実現に向けて、取り組みを始めています。
 
まずは、玄関ドアの電気錠をスマートフォンで制御できるトータルホームセキュリティシステム「wiremo(ワイレモ)」を都内の新築マンションで初めて(※1)採用しました。外出先から施錠の状態を確認し、遠隔操作で施錠できることはもちろん、在宅中であればスマートフォンひとつで鍵の開け閉めができます。鍵の閉め忘れや、ご家族の帰宅や外出を通知する機能も搭載され、安心・安全な暮らしをサポートしてくれます。また、住戸内の家電機器をスマートフォンで遠隔操作できるサービス「リモコ」では、外出先からリビングエアコンや床暖房のスイッチを入れたり、お風呂にお湯を張ることなどが可能です。帰宅に合わせて室内を最適な状態にしておけるだけでなく、外出先からリビング照明を点灯できることで、帰宅が遅くなる場合の防犯対策にもなります。
 
さらに、マンション内共用部の無線LANエリアにおいては「次世代バーチャルライブラリー」を採用しました。事前ネットワークを設定したスマートフォンやタブレットで、豊富なラインナップの電子雑誌を無料で観ることができます。また、専有部や外出先でも雑誌やマンガが無料で楽しめるように「雑誌読み放題サービス」も提供。このサービスは、インターネット環境があれば、お手持ちのパソコンやスマートフォンなど、ウェブにつながるあらゆる機器から利用が可能です。
「IoT型マンション」のパイオニアとして、未来を先取りした安全で快適な住まいを創る。それが、クリオマンションシリーズです。
 
※1:メーカー調べ(2017年8月時点)
※上記はすべての物件に導入しているものではありません。
※上記に記載したシステムやサービスの詳細は下記をご参照ください。
(2018年2月掲載)

きずなCOMMUNICATION

皆様と明和地所グループの「つながり」、親と子の「絆」などをテーマにコンテンツやイベントを実施していきます。

PAGE TOP