イベント情報・レポート

【レポート】親子で学ぶ!-プログラミングセミナー 2017.8.26

この動きは?こうしてみたらどうなる? お父さんお母さんと一緒にIoTのトビラをちょっと開いてみました。
夏休みも残りあとわずか、という8月26日(土)。
「親子で学ぶ!プログラミングセミナー」を開催いたしました。
 
パソコンのマウスの使い方から始まり、最後は自分でかんたんなプログラミングを組み立てるまで!
お子さんはもちろん、お父さんお母さんも真剣に、でも楽しんで取り組んでいただきました。

概要

開催日:2017年8月26日(土)
 
場所:SHIP品川産業支援交流施設
 
プログラム:
1.ごあいさつ
2.3Dデザインにチャレンジ
3.プログラミングにチャレンジ
4.おしまい
 
企画・運営:株式会社 CAMI & Co.

REPORT

1. ごあいさつ
本日の講師は『Interview』でもお話を伺った株式会社CAMI & Co.の方々。 先生方のごあいさつのあと、参加のお子さんにもお名前と学年を自己紹介してもらいました。今日一日よろしくお願いします!一緒に楽しみましょう。
2. 3Dデザインにチャレンジ
始めは“3Dデザイン”ってどんなところで使われているの?というお話からスタート。
 
3DCADを使って立体的な形を作るための設計図をデザインします。今回は工具のスパナの形を作ります。
 
次にマウスの使い方を教えてもらいました。
3Dデザインは外枠をつくるところから面を作成、そして立体へと、ひとつひとつのステップを確認しながら進めていきます。すべての作業にマウスの使い方が関わってくるので、始めにその使い方を習ったのですね。
 
今回は無料で使える3Dデザインソフトを使用しました。これならお家に帰っても3Dデザインをすることができますね。
 
3Dプリンタも徐々に家庭で使用できるようなものが販売されてきています。自分でデザインしたものを立体にアウトプットできれば楽しいですよね。
3. プログラミングにチャレンジ

後半はプログラミングにチャレンジです。

ビュートレーサーというレーシングカーをモデルにしたモーターのついたロボットを使います。
【↑】【→】【↓】などのブロックを使っていろいろな動きを組み立てます。

この指示を設計するのがプログラミングというそうです。

「この動きをさせるにはどうすればいいかな?」先生からお題が出されます。
お父さんお母さんも一緒にみんなで試行錯誤。「ちょっと違う~」「曲がりすぎちゃう」「できた~!」など相談しながらプログラミングしています。

クイズを解くように、みなさん楽しんで取り組んでいただきました。

4. おしまい みんなで記念撮影
最後は参加いただいたみなさんで先生を囲んでの記念撮影。
 
アンケートのご協力もいただき、ありがとうございました。
今後のイベント企画の参考にさせていただきます。

参加してみてどうでしたか?

いずほくん(9歳)
いろいろな人ともふれ合えて楽しかった。
プログラミングが特に楽しかったです。
また同じようなイベントがあれば参加したいです。
さやかちゃん(9歳)
マウスを使うことも初めてだったけれど、プログラミングを作ることができて楽しかったです。
家に帰ってからもやってみたいです。

きずなCOMMUNICATION

皆様と明和地所グループの「つながり」、親と子の「絆」などをテーマにコンテンツやイベントを実施していきます。

PAGE TOP