親子で作ってみよう

「野菜スタンプ」でお子さんと遊ぼう

自然のつくった不思議なかたち「野菜スタンプ」でお子さんと遊ぼう
お料理をすると野菜の切れ端や、食材として使わない部分がでますよね。でもよく見ると、その切り口はとても個性的で、不思議なかたちをしています。自然のつくった不思議なかたち「野菜スタンプ」でお子さんと遊んでみませんか?野菜が苦手というお子さんも、偶然見つかるステキなスタンプをきっかけに、興味を持ってくれるかもしれません。

オクラで小さなお花畑

断面が星型になるオクラ。インクをつけて、トートバッグに押すと、カワイイ花柄になりました。濡れても色落ちしないよう、インクは布用をオススメします。あて布をしたアイロンがけで、インクを定着させることもお忘れなく。

苦いピーマンは、やわらか模様

切り落としてしまうピーマンのヘタの部分を使ってみました。自然な曲線がとても優しく、封筒に押すと、ハンドメイドのぬくもりまで伝わって、受け取った人もほっこりしそう。「苦いピーマンはキライ!」というお子さんも、気持ちが変わってくれるかも。

真夏のひまわりのようなゴーヤー

ゴーヤーの表面の独特のつぶつぶは、夏空に大きく開くひまわりの花びらのよう。スタンプを押す紙によっても模様の表情が変わります。今回は、表面がザラザラしたものを使用。かすれ具合がいい味を出しています。

隠れたバラは、葉野菜の中に

何の気なしに捨ててしまう、葉野菜の根本。そこにはバラの花が隠れています。小松菜やチンゲンサイ、ほうれん草などいろいろなもので、お子さんと試してみるのも楽しいでしょう。スタンプを組み合わせると、模様の世界も広がります。

きずなCOMMUNICATION

皆様と明和地所グループの「つながり」、親と子の「絆」などをテーマにコンテンツやイベントを実施していきます。

PAGE TOP