親子で作ってみよう

親子でつくってみよう!-マスキングテープで作るカラフルロゼット-

プレゼントデコレーションやアクセサリーにも!
バラ(ローズ)の花びらを重ねたようなモチーフの「ロゼット」。ヨーロッパでは、大切な相手に敬意を表する”リボンの勲章”として用いられているそうです。
今回は、お手軽にマスキングテープを使ったロゼットの作り方をご紹介。色や模様の組み合わせ、アレンジ方法によってバリエーションは無限大!親子で楽しんで作ってみてください。

マスキングテープロゼットの材料

材料
・マスキングテープ(1.5cm幅)...2種類
・メッセージシール...1枚
・はさみ
・カッティングマット
 ※目盛りが表示してあると定規の役割も果たして便利です。

作り方

1.外側のロゼット用に16センチ、内側のロゼット用に8センチにカットしたマスキングテープを12本ずつ用意する。垂れリボン(下についている足の部分)用にも30センチの長さのものを3本用意する。
2.片側の端を、のりしろとして1センチ残しながらテープを半分に折り、張り合わせる。(垂れリボン用も同様)
※キレイに仕上げるコツはワンポイントアドバイス参照
3.次に【2.】で残したのりしろに、反対側の端を0.5センチ重ねて輪にする。(各12枚すべて同様)
4.【3.】ののりしろを重ね合わせ、放射状に貼っていく。(重ねる角度に注意!)
5.12枚すべて貼り、きれいな丸型になるよう整える。
6.大きいロゼットと小さいロゼットを貼り合わせ、裏にする面に垂れリボンをマスキングテープで張り付ける。
※キレイに仕上げるコツはワンポイントアドバイス参照
7.メッセージシールを中心に貼ったら出来上がり!
更にお好みのシールを貼って、彩りを加えてみるのもよいですね♪

ワンポイントアドバイス

キレイにパーツを作るコツ
パーツ作りの際に、人差し指で片端を押えて親指を支点にテープを折り返したら、端を1センチずらして貼り合わせて、人差し指を外しながら徐々に折り目に向かって貼っていくをズレにくく合わせやすくなります。
※少しぐらいシワが寄ってしまったとしても気にしなくて大丈夫♪
垂れリボンを留めるシールの作り方
裏に垂れリボンを貼る際は、円形のシールを使うとキレイな仕上がりに。円形シールは簡単に手作りできます。マスキングテープを5ミリずつ重ね合わせて四角く形作り、その上にマスキングテープ本体を乗せ外円に沿って円を描き写します。線に沿って丸く切れば出来上がりです。

こんなアレンジもオススメ

いろいろな留め金具を使って

ピンやチェーン、クリップや磁石など、いろいろな留め金具を貼れば、デコレーションだけではない使い方が広がります。プレゼントのラッピングに添えれば、その後も使えて喜んでもらえそう♪

形を生かしてアニマルロゼットにも

お顔を付けていろいろな動物を表現するのもかわいいですよ♪
ロゼットの円形を生かしてハリネズミや仔羊などはいかがでしょうか?
その他に本のしおりとして使ったり、バッグや帽子などにつけてアクセサリー感覚で楽しんだりと、お子さんといろいろなアレンジを楽しんでみてください。
講師の紹介
MaMan*(あきや ともみ*)
ハンドメイドクリエーター。
子供服のパタンナーやノベルティ商品のデザイナーを経て、現在は自身のアトリエ”mamaごとなおうちcafe”にてアイデアレシピの考案やオリジナル作品の受注・制作を展開中。

■書籍
『親子でつくるカンタンかわいいおままごと(産業編集センター)』
『レースペーパーでつくる雑貨とこもの(文化出版局)』

■ブログ
「MaMan* Marché *mamaごとなおうちcaféのアトリエ時間*」
http://maman107t.exblog.jp/

きずなCOMMUNICATION

皆様と明和地所グループの「つながり」、親と子の「絆」などをテーマにコンテンツやイベントを実施していきます。

PAGE TOP