しりとりキッチン

Vol.45 ハロウィンパーティーにもおすすめ!
かぼちゃとまいたけのオーブン焼き

  • 調理時間/30分
  • カロリー/374kcal※1人分
  • 塩分/1.6g※1人分

ほくほくのかぼちゃやじゃがいも、香り豊かなまいたけなど、秋の味覚が楽しめるオーブン焼きです。オーブンでじっくり焼くことで野菜の旨味が際立ちます。味付けがシンプルな分、ハニーマスタードソースで味に変化を付けることで飽きずに楽しめます。ハロウィンパーティーにもおすすめです。

今回のしりとり食材

かぼちゃ


さっぱりとした味わいの日本かぼちゃ、ホクホクした食感が特徴の西洋かぼちゃ、ハロウィンでおなじみのペポかぼちゃなど、種類は大きく分けて3種類。β-カロテン、ビタミンB、C、Eなどの栄養素が含まれています。

 
■しりとり食材とは
前回のレシピからピックアップした食材をしりとり形式で美味しくつなぎます。

材料 2人分(13cm×17cm×深さ3cmの耐熱容器1台分)

かぼちゃ(皮付き)・・・正味100g 
まいたけ・・・80g 
じゃがいも・・・小2個(約130g) 
ベーコン(厚切り) ・・・50~60g 
ブロッコリー・・・1/4個 
にんにく・・・1片 
オリーブオイル・・・大さじ2 
塩、こしょう・・・各少々 

【A】粒マスタード・・・小さじ2 
【A】はちみつ・・・小さじ1 
【A】マヨネーズ・・・小さじ1 
【A】醤油・・・小さじ1/2

作り方

電子レンジで加熱する

かぼちゃ(皮付き)、じゃがいもはひと口大に切って耐熱容器に並べ、ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で3分加熱する。(今回は新じゃがを使用したため、皮付きのまま調理しました) 

食材の下準備をする

まいたけは手でほぐし、ブロッコリーは小房に分ける。ベーコン(厚切り)は1cm厚さ程度に切る。にんにくは半分に切って芯を取り除き、包丁の腹で潰す。

食材と調味料を混ぜ合わせる

ボウルに【1】【2】を入れ、オリーブオイル、塩、こしょうを加えてさっくりと混ぜ合わせる。

オーブンで加熱する

【3】を耐熱容器に入れて、200℃に予熱したオーブンで20分ほど焼く。(途中ブロッコリーなどが焦げそうであれば、アルミホイルをかぶせてください)

ソースを作る

焼いている間に【A】を合わせてハニーマスタードソースを作る。

仕上げ

焼きあがったら取り分けて、ハニーマスタードソースを付けていただく。

この料理の3つのポイント

  1. POINT 1

    オーブンでじっくり焼いてうま味アップ

    時間をかけて焼くと野菜のうま味が際立ちます。トースター(5分焼き、アルミホイルをかけてさらに5~8分ほど焼く)でもできます。

  2. POINT 2

    野菜はお好みでアレンジOK

    かぼちゃやブロッコリーの他に、さつまいもやれんこん、エリンギなどでもおいしく作れます!

  3. POINT 1

    ハロウィンパーティーにもピッタリ

    カラフルで豪華な見た目に仕上がるので、ハロウィンのおもてなし料理にもおすすめです。

次回のしりとり食材

まいたけ


香りと旨味、シャキシャキとした食感が特徴。カルシウムやリンの吸収を促進させるビタミンDが豊富で、便秘予防に効果的な不溶性食物繊維も多く含まれています。



次回もお楽しみに!

講師プロフィール 楠みどり

野菜ソムリエプロ、フードコーディネーター、幼児食インストラクター。レシピ開発やコラム執筆、フードスタイリングなどの仕事をしています。子どもに伝えていきたい、ほっと和む家庭料理や子どもと一緒に楽しめるおやつを提案しています。
今後は親子料理教室や食育活動にも力を注いで行きたいと思っています。
・2008年 野菜ソムリエ(中級)取得
・2009年 祐成陽子クッキングアートセミナー卒業
・2017年 幼児食インストラクター取得
 

しりとりキッチンとは

今日残った食材を、明日おいしくいただける一皿に。
アイデアレシピで次々つながる「しりとりキッチン」。
ムダもへらせてお財布にもやさしいメニューをご紹介します。

  1. Vol.044

  2. Vol.045

  3. Vol.046

PAGE TOP