しりとりキッチン

Vol.42 食欲の落ちる夏にぴったり!
オクラとナスの山形だし風そうめん

  • 調理時間/20分
  • カロリー/342kcal※1人分
  • 塩分/6.2g※1人分

夏野菜がたっぷり食べられる山形だしをそうめんにトッピングしました。食欲の落ちる夏でものどごしよく食べることができます。塩昆布のうま味と塩気がアクセントになっています。そうめん以外にも冷奴にのせても◎。

今回のしりとり食材

オクラ


オクラの特徴であるネバネバのもと、ムチンやペクチンには整腸作用があり、便秘の改善が期待できます。ペクチンには血中のコレステロールを減らし、血圧を下げる効果があります。
 
■しりとり食材とは
前回のレシピからピックアップした食材をしりとり形式で美味しくつなぎます。

材料 2人分

オクラ・・・3本
なす・・・1/2本
きゅうり・・・1/2本
みょうが・・・1個
 
【A】塩昆布・・・6g
【A】醤油・・・大さじ1
【A】和風だしの素(顆粒)・・・小さじ1
【A】白いりごま・・・少々

そうめん・・・3束
めんつゆ(ストレート)・・・適量

作り方

材料の下準備をする

オクラはガクを取り除き、塩(分量外)をふって板ずりする。熱湯でさっとゆで、5mm角に切る。
なすは5mm角に切って水にさらし、あく抜きをする。水気をしっかりとしぼる。きゅうり、みょうがはそれぞれ5mm角に切る。

タレの材料を混ぜ合わせる

ボウルに【1】【A】を入れてしっかりと混ぜ合わせる。

仕上げをする

そうめんは袋の表記通りにゆで、1人分ずつ器に盛り付ける。【2】をのせ、めんつゆ(ストレート)を回しかける。

この料理の3つのポイント

  1. POINT 1

    野菜は綺麗にきって見栄え良く

    全ての野菜の大きさをなるべく揃えることで、見栄えが良くなります。

  2. POINT 2

    塩昆布がアクセント

    塩昆布のうま味と塩気がだしのアクセントになっています。

  3. POINT 1

    そうめん以外にのせても〇

    味付けが少し濃いめなので、冷奴やごはんなど、そうめん以外の料理にのせて食べても美味しくお召し上がりいただけます。

次回のしりとり食材

なす


ナスの紫色は「ナスニン」といって、眼精疲労の回復に役立つ、現代人に必須の栄養素。また、塩分の吸収を抑えるカリウムが含まれているので、血圧が気になる方にもおすすめです。


次回もお楽しみに!

講師プロフィール 楠みどり

野菜ソムリエプロ、フードコーディネーター、幼児食インストラクター。レシピ開発やコラム執筆、フードスタイリングなどの仕事をしています。子どもに伝えていきたい、ほっと和む家庭料理や子どもと一緒に楽しめるおやつを提案しています。
今後は親子料理教室や食育活動にも力を注いで行きたいと思っています。
・2008年 野菜ソムリエ(中級)取得
・2009年 祐成陽子クッキングアートセミナー卒業
・2017年 幼児食インストラクター取得
 

しりとりキッチンとは

今日残った食材を、明日おいしくいただける一皿に。
アイデアレシピで次々つながる「しりとりキッチン」。
ムダもへらせてお財布にもやさしいメニューをご紹介します。

  1. Vol.041

  2. Vol.042

  3. Vol.044

PAGE TOP