しりとりキッチン

2019.06.03

Vol.5 お弁当のおかずにも!
むね肉とれんこんのチキン南蛮

  • 調理時間/15分※下味をつける時間除く
  • カロリー/519.0kcal※1人分
  • 塩分/2.70g※1人分
むね肉とれんこんを使った、揚げないチキン南蛮♪ 
タルタルソースは、卵とマヨネーズでお手軽に!
また、南蛮だれもポン酢と砂糖で簡単に作ることができます。
しっかりした味付けとお肉が柔らかく仕上がるため、冷めても美味しく作り置きやお弁当に最適です!
今回のしりとり食材
鶏むね肉

低カロリー、低脂肪なのに高タンパクと栄養価の高い鶏むね肉。ヘルシーな食材なのでダイエットにもオススメです。

■しりとり食材とは
前回のレシピからピックアップした食材をしりとり形式で美味しくつなぎます。

材料 2人分

鶏むね肉・・・1枚(300g)
※ささみでも代用可能
れんこん・・・1/2節 75gぐらい

★酒・・・大さじ1
★砂糖・・・小さじ1
★塩・・・少々
★こしょう・・・少々
☆ポン酢・・・大さじ2
☆砂糖・・・小さじ1
▲ゆで卵・・・1個
▲マヨネーズ・・・大さじ3〜4
▲塩・・・少々
▲こしょう・・・少々
(▲はゆで卵をフォークなどで潰し、混ぜ合わせておく)
 
薄力粉・・・大さじ3ぐらい
サラダ油・・・大さじ1
パセリ・・・適量(お好みで)

作り方

材料の下準備をする
鶏むね肉は皮を取り、フォークで数カ所穴をあける。縦半分に切ってから、さらに2cm幅のそぎ切りにする。
下味をつける
鶏むね肉は★と共にポリ袋に入れ、よく揉み込み10分おく。
れんこんの下準備をする
れんこんは皮をむいて7〜8mm幅の輪切りにする。5〜10分ほど水にさらしたら、水気を拭いておく。
蒸し焼きにする
鶏むね肉に薄力粉をまぶし、フライパンにサラダ油を広げ、鶏むね肉とれんこんを並べ中火にかける。4分焼いたら裏返し、蓋をして弱火で3分蒸し焼きにする。
タレに混ぜ合わせる
ボウルに☆を合わせておく。焼き上がった鶏むね肉とれんこんを入れ、とろみがつくまでよく混ぜ合わせる。
仕上げ
器に盛り▲を合わせたソースをかけてできあがり。お好みで、パセリのみじん切りをトッピングする。

この料理の3つのポイント

  1. POINT 1

    焼く前に調味料をよく揉み込む

    鶏むね肉は、酒(お肉を柔らかくする効果)・塩・砂糖(保水効果)を揉み込むことで、柔らかく仕上がります。

  2. POINT 2

    お肉の焼き方がポイント

    鶏むね肉は、コールドスタート(フライパンに並べてから火にかける)&蒸し焼きにすることで、ゆっくり熱が入り柔らかく仕上がります。

  3. POINT 1

    薄力粉をまぶして旨味を閉じ込める

    鶏むね肉は、薄力粉をまぶす事で肉汁の流出を防ぎ、柔らかく仕上がります。また、タレの絡みが良くなります。

次回のしりとり食材
れんこん
 
おせち料理には欠かせない縁起の良いれんこん。食物繊維はもちろんのこと、実はシミ・ソバカスを防ぐビタミンCも豊富なので、女性の強い味方なのです。

次回もお楽しみに!
講師プロフィール
Yuu

福岡県在住 料理研究家/料理ブロガー

ブログのアクセス数は月間300万PV。圧倒的な影響力を持つ料理インフルエンサー。WEBサイトでのレシピ連載や、雑誌、広告、企業のレシピ開発を手がける。
得意分野は「簡単・時短・節約・男子が喜ぶモテレシピ」。料理が苦手な方に、ラクに楽しくなる“楽うま♡ゆるメシ”を提案している。

しりとりキッチンとは

今日残った食材を、明日おいしくいただける一皿に。
アイデアレシピで次々つながる「しりとりキッチン」。
ムダもへらせてお財布にもやさしいメニューをご紹介します。

  1. Vol.004

  2. Vol.005

  3. Vol.006

くらしLIFE STYLE

今日から取り入れたくなるような、暮らしを素敵に彩るアイデアをご紹介。いつもの毎日にちょっとしたワクワクを。

PAGE TOP