しりとりキッチン

2020.05.01

Vol.16 モッチモチで食べ応え抜群!
餃子の皮de即席ラザニア

  • 調理時間/10分(焼く時間を含めると25分)
  • カロリー/730kcal※1人分
  • 塩分/3.6g※1人分
餃子の皮を使った、チーズがとろ〜り即席ラザニア♪
餃子の皮がモッチモチで食べ応え抜群!
見た目も華やかなので、おもてなしやパーティーにもぴったりです!
重ねて焼くだけの簡単さなのでお子さんと一緒に作ってみても楽しいですよ。
今回のしりとり食材
合挽き肉

豚肉のコクと、牛肉のうまみを併せもつ合挽き肉。 疲労回復に役立つビタミンB1と、 貧血を防ぐ鉄分も効果的に摂取できる、 まさに万能食材です。

■しりとり食材とは
前回のレシピからピックアップした食材をしりとり形式で美味しくつなぎます。

材料 2人分

合挽き肉・・・200g
※豚ひき肉でも代用可能
玉ねぎ・・・1/2個(100g)
餃子の皮・・・10〜12枚
ピザ用チーズ・・・100g~150g
薄力粉・・・大さじ2
サラダ油・・・大さじ1

★トマト缶(カット)・・・200g
★水・・・1/2カップ
★ケチャップ・・・大さじ2
★砂糖・・・小さじ1
★コンソメ顆粒・・・小さじ1/2
 
☆豆乳・・・1/4カップ
※牛乳でも代用可能
☆塩・・・少々
☆こしょう・・・少々

パセリ・・・適量(お好みで)

作り方

玉ねぎをみじん切りにする
玉ねぎは、3~4mm角程度の粗みじん切りにする。
食材を炒める
フライパンにサラダ油を敷き中火で熱し、【1】合挽き肉を入れて炒める。合挽き肉の色が変わったら、薄力粉を加えて、粉っぽさがなくなるまで炒める。
煮る
★を加え、ヘラなどで混ぜながら2〜3分煮る。ヘラで混ぜたときにとろっとした感じになったら、☆を加えてサッと煮たら火を止める。
食材を重ねる
耐熱容器に、ピザ用チーズ1/3量を敷いた上に、餃子の皮5〜6枚をまんべんなく敷き、その上に【3】の1/3量 の順に重ねる。これをもう1セット重ねたら、一番上に残りのピザ用チーズを散らす。
オーブンで加熱する
【4】をオーブントースターで15分(1200W)焼いたらできあがり。(時々確認し、焦げそうになったらアルミホイルを被せてください。)

この料理の3つのポイント

  1. POINT 1

    焦げそうになったら

    ラザニアが焦げそうになったらアルミホイルを被せてください。
    火元に直接触れなくなるので焦げにくくなります。

  2. POINT 2

    餃子の皮を水にくぐらせる

    餃子の皮の粉っぽさが気になるという方は、水にくぐらせたり、刷毛で水を塗ってから重ねてみることで餃子の皮が水分を含むので焼き上がりがより一層もちもちになります。

  3. POINT 1

    アレンジしても楽しめる!

    玉ねぎを切るのが面倒な方は、ミックスベジタブルを使っても◎
    また、きのこなどを加えても美味しいです!

次回のしりとり食材
チーズ
 
ダイエットの天敵とされがちなチーズ。
実は体に溜まりにくい脂肪分でできており、
筋肉量を増やすタンパク質もたっぷり。
カラダづくりの力強い味方なのです。

次回もお楽しみに!
講師プロフィール
Yuu

福岡県在住 料理研究家/料理ブロガー

ブログのアクセス数は月間300万PV。圧倒的な影響力を持つ料理インフルエンサー。WEBサイトでのレシピ連載や、雑誌、広告、企業のレシピ開発を手がける。
得意分野は「簡単・時短・節約・男子が喜ぶモテレシピ」。料理が苦手な方に、ラクに楽しくなる“楽うま♡ゆるメシ”を提案している。

しりとりキッチンとは

今日残った食材を、明日おいしくいただける一皿に。
アイデアレシピで次々つながる「しりとりキッチン」。
ムダもへらせてお財布にもやさしいメニューをご紹介します。

  1. Vol.015

  2. Vol.016

  3. Vol.017

PAGE TOP