しりとりキッチン

2019.03.25

Vol.1 豪華なヘルシーおかず
カリもち食感・豆腐のエビマヨ風

  • 調理時間/10分※豆腐の水切り時間を除く
  • カロリー/293.7kcal※1人分
  • 塩分/2.0g※1人分
作り方はとっても簡単、フライパンで焼いた豆腐にタレを絡めるだけの簡単メニュー!
しかも、お豆腐なのでとてもヘルシー。淡白なお豆腐がメイン級のおかずに大変身しちゃいます!!
ご飯はもちろんお酒にも合うので、忙しいママの定番メニューにぴったりです。

材料 2人分

木綿豆腐・・・300g
 
★マヨネーズ・・・大さじ2
★ケチャップ・・・大さじ2
★中濃ソース・・・大さじ1
★砂糖・・・小さじ1
★豆板醤※・・・小さじ1
★にんにく(チューブ)・・・1〜2cm
 
片栗粉・・・適量
サラダ油・・・大さじ1
 
※豆板醤は味噌大さじ1弱、しょうゆ小さじ1/4弱、一味唐辛子小さじ1/2で代用が可能です。

作り方

豆腐の水切りする
木綿豆腐をペーパータオルに包んで耐熱皿に乗せ、レンジ600wで3分加熱。ペーパータオルを取り替えて、お皿などで重石をし15分ほど置いておく。
豆腐の下準備をする
木綿豆腐を等分に切り、片栗粉をまぶす。
豆腐を焼く
フライパンにサラダ油を中火で熱し【2】を並べる。2〜3分焼いたら裏返し、もう片面も2〜3分焼く。
タレと混ぜ合わせる
★を混ぜ合わせたボウルに焼いた豆腐を入れ、衣がは剥がれないように優しく混ぜ合わせたらできあがり。

この料理の3つのポイント

  1. POINT 1

    豆腐の水切りが味の決め手

    豆腐はしっかり水切りをすることで、水っぽくならずに旨味が凝縮。濃厚な仕上がりになります。

  2. POINT 2

    タレはフライパンに加えず豆腐をボウルに移してから

    蒸発しやすく焦げ付きやすいタレなので、フライパンに直接加えずボウルで混ぜ合わせます。

  3. POINT 1

    混ぜるときは優しく

    豆腐は衣が剥がれやすく形が崩れやすいので、優しく混ぜ合わせてください。

次回のしりとり食材
木綿豆腐

絹ごしと比べて崩れにくいので、焼いたり炒めたりと調理方法は様々。濃厚な味わいで、濃い味付けにもぴったりです。

■しりとり食材とは
前回のレシピからピックアップした食材をしりとり形式で美味しくつなぎます。

次回もお楽しみに!
講師プロフィール
Yuu

福岡県在住 料理研究家/料理ブロガー

ブログのアクセス数は月間300万PV。圧倒的な影響力を持つ料理インフルエンサー。WEBサイトでのレシピ連載や、雑誌、広告、企業のレシピ開発を手がける。
得意分野は「簡単・時短・節約・男子が喜ぶモテレシピ」。料理が苦手な方に、ラクに楽しくなる“楽うま♡ゆるメシ”を提案している。

しりとりキッチンとは

今日残った食材を、明日おいしくいただける一皿に。
アイデアレシピで次々つながる「しりとりキッチン」。
ムダもへらせてお財布にもやさしいメニューをご紹介します。

  1. Shiritori
    Start!

  2. Vol.001

  3. Vol.002

くらしLIFE STYLE

今日から取り入れたくなるような、暮らしを素敵に彩るアイデアをご紹介。いつもの毎日にちょっとしたワクワクを。

PAGE TOP