Meritコンパクト物件の魅力

Image photo

コンパクトマンション購入は
こんなお悩みの方がオススメです。

  • 実家からの独立
  • 賃貸脱出に
  • のちの資産として

半投半住という住まい選び

「半投半住」志向のマンション購入は
住まい選びでの賢い選択です。

将来的に住み替え時の売却や資産運用を考えた場合に、
高い資産性が維持できる住まいを購入すれば、さらに有利です。
マンション購入時には自分が居住する住まいであっても、
投資による資産価値を考えて選ぶことも大切です。

マンション購入→売却or賃貸シミュレーション
※「半投半住」は、「都心に住むbySUUMO」編集部考案の造語です。

今、コンパクトマンションを
買うべき4つの理由

1 本当に、
今購入していいの?

史上最低金利の今が買い時です。

現在は、マンション価格は高騰をしながらも、住宅ローン金利は史上最低時代。
一昔前の都市銀行の金利2.475%の支払い額とどれくらい違うのでしょう。

2,500万円の住宅ローンを金利2.475%と0.420%で比べた場合、

2 購入には
多くの頭金が必要?

100%のローンが可能です。

本物件は100%のローンを組むことが可能で頭金が少なくても購入可能です。
頭金を貯めるよりも、早く購入して資産を持つ方が有利という考え方もあります。

100万円の頭金を貯めるには

3 いつかは
住まなくなるかも?

家賃保証があるので安心です。

様々な事情でお部屋を使わなくなり、賃貸に出す必要ができた場合でも、
「家賃保証システム」を利用できるので安心です。

オーナー様に手をかけさせず月々の家賃収入が保証されます

4 購入と賃貸では
どんな差が?

マンション購入は
資産形成ができます。

賃貸住宅の家賃は掛捨て。払っていても資産にはなりません。
早めにマンション購入することで賃料だった分を資産形成に当てられます。

家賃7万円でも35年間住むと総支払額は2,940万円もかかります…さらに支払いは続きます。

でも、その後のライフスタイルに
変化があったらどうしよう…

  • 急な転勤
  • 結婚
  • 実家に戻る

マンション購入 VS 賃貸物件

家賃として月々の支払っているお金が、自分の資産のためになるとしたらどうでしょうか?
購入したら、月々の支払い額が現在の家賃よりも安くなる場合もあったりします。

購入merit

お金について

  • 自分の資産になる
  • 同じ広さで比較すると賃貸よりも月々の支払額を抑えられる場合がある
  • 同じ月額費用なら賃貸よりも広い部屋に住める場合がある
  • 相続時のメリットがある
  • もしもの時には、住宅ローンは保険で支払われる
  • 住宅ローン控除があり、税制面で優遇される(50m²以上の場合)

快適について

  • 自分に合ったリフォームができる
  • 老後の住まいが確保できる
  • 賃貸よりもゆったりしたつくり

設備について

  • 設備がしっかりしている
  • 共有部の管理が行き届いている
  • 設備の保守は、自己負担となるが、好きなようにリフォーム可能でいますぐでなくても、都合のいい時期に行なわれる

賃貸merit

お金について

  • 管理費がかからない
  • 維持費がかからない
  • 固定資産税などがない
  • 住宅ローンの負担がない
  • 地価の変動によって自分の資産価値が影響をうけない

快適について

  • 自由に住み替えができる
  • 勤務地や生活スタイルの変化に合わせられる
  • もし住んでみて気に入らないところがあれば引越しが容易にできる
  • 購入の場合より賃貸契約の方が手続きが簡単である

設備について

  • 保守義務はオーナー

家賃を払い続けるのは、
もったいない!

家賃を35年間払い続けた場合の支払い額
※家賃保証システムとは株式会社ミヨシアセットマネジメントが建物を借上げ、賃貸運営業務を行うシステムです。空室、賃料の滞納、集金の手間など、賃貸経営における様々なリスクを回避することができます。詳しくは係員にお問い合わせください。
※掲載の写真は、モデルルーム(クリオ ラベルヴィ三ノ輪 Eタイプ)を撮影したもので、一部CG修正しております。また、一部施工上変更することがあります。家具・調度品・有償オプション等は販売価格に含まれておりません。
想いをかなえ、時をかなでる。 明和地所グループ

Copyright © MEIWA ESTATE Co., Ltd. All rights reserved.