ファミリーもDINKSも投資家も。『横浜』住み心地インタビュー

    東京から横浜に生活の拠点を移した子育てファミリー。
    憧れだった横浜での暮らしを満喫するDINKS。
    横浜でマンションを2戸所有する投資家。
    それぞれが横浜を選んだ理由、そしてその魅力を聞いてきました!

    FAMILYゆっくりが心地いい。
    家族をのびやかに育む横浜時間

    きっかけは次男の誕生。
    子育て環境を重視して東京から横浜に移り住む

    ――横浜に住んでどのくらいになりますか。また、引っ越してきたきっかけは?

    ご主人:横浜市内に住んで10年になります。以前は、東京の世田谷区に住んでいました。引っ越したのは長男が2歳で、もうすぐ2人目が生まれるというタイミングでしたね。家族も増えるし、「広いところがいいな」と思って探していました。

    価格と広さのバランスがとれたエリアで、子育て環境の良いところを探し、現在住んでいる都筑区のニュータウンに決めました。

    あとは、私が仕事で東京や横浜方面へ車で移動することが多いため、交通利便が良いのもポイントでしたね。高速道路のインターチェンジに近いんですよ。

    スーパーなど生活利便施設も、
    子どもの習い事も充実

    ――横浜の暮らし心地はいかがですか?

    奥様:ニュータウンということもあり環境がよく、街並みが整然としていてきれいなところがとても気に入っています。

    ご主人:都心と違って、大型スーパーなどが充実しているのもいいですね。生活関連の店舗がたくさんあるので、買い物には困りません。「イケア」も近いんですよ。

    奥様:私は、「ららぽーと横浜」に、仕事帰りに寄ったりします。それに、横浜は街がコンパクトにまとまっているから、遠方に出かける必要がないんです。自転車さえあればいろんなところに行けます。

    最近は、子どもの習い事の送迎で車が必要になったので、私も車を買いましたが、それまではずっと自転車でした。それで充分、事足りたんです。

    ――習い事は何をしているんですか?

    奥様:長男にはピアノと空手と学習塾に通わせています。次男は空手と習字で、長女にはチアダンスとピアノに通わせています。

    長男:空手は前回の県大会でベスト8に入ったんだ!

    長女:ピアノの発表会もあるんだよ。

    アミューズメントスポットも
    ショッピングスポットも公園も!
    遊び場所が充実

    ――お休みの日はどこに遊びに行きますか?

    ご主人:子どもたちは「横浜動物園ズーラシア」が好きですよね。あとは、みなとみらいにある「ポケモンセンターヨコハマ」とかかな。今日は、3月にオープンしたばかりのショッピングセンター「マリン アンド ウォーク横浜」へ行こうと思っています。

    奥様:近所でも遊び場には困りませんよ。わが家のすぐそばには緑道があって、公園もあちこちにありますから。

    ご主人:それに緑道でいろいろな場所につながっているから、公道に出なくてもよくて、小さい子どもがいると安心ですよね。

    子育て世代になると、渋谷や新宿という街にはあまり縁がなくなりますね。私は仕事で行きますけど、もう私の日常生活には関係ない街だなと思います(笑)。

    ママ友もいっぱい!教育熱心な家庭が多く、
    困った時に助け合えるのも魅力

    ――子育てファミリーにとって横浜は暮らしやすいですか?

    ご主人:子育て環境としてはとてもよいと思いますよ。病院や役所も駅の近くに集約されていて何かと便利です。

    奥様:うちの周りは教育熱心なご家庭が多い印象ですね。それに、お子さんが3~4人いるご家庭も珍しくないです。うちの子たちが通う小学校は生徒数が1000人くらいいます。横浜市内で一番大規模です。友達がたくさんできますよ!

    わが家も子ども3人ですから、それぞれの子どもを通じて私のママ友も増えました。みんなでお弁当などを持ち寄って、公園でピクニック気分を楽しんだりしています。とてもよい方ばかりで、助けあえる関係があるのはありがたいですね。

    横浜はすべてにおいて余裕がある。
    時間の流れもゆっくりで心地いい

    ――横浜の魅力はどんなところにあると思いますか?

    奥様:自然豊かなのに生活利便施設が充実していて、さらにレジャーも楽しめる。バランスがよい街だと思います。

    ご主人:横浜はすべてにおいて余裕がありますよね。緑が多くて、建物の間隔もゆったりしていて、環境はもちろんですが、時間の流れもゆっくりしている感じを受けます。子どもを育てるのに、このゆとりは大事ですよね。

    それに、横浜には将来性があると思います。これから相鉄線が延伸して東急線につながる計画がありますし、渋谷方面がますます近くなるでしょう。資産価値は落ちることはないのではないでしょうか。でも、今の家を売る気はまったくないです。私たちは住み心地がよい横浜を本当に気に入っていて、ずっとここに住み続けたいと思っています。

    DINKS暮らしも遊びも。
    私たちが自分らしくいられる街・横浜

    横浜は住むにも遊ぶにも
    ちょうど良いサイズ感が魅力

    ――横浜にマンションを購入された理由とは?

    ご主人:私は都内に住んでいたのですが、妻が横浜に愛着があり、15年くらい住んでいたというのが大きいですね。しかしそれ以上に、家を買うなら今後も発展が見込める横浜というエリアにあって、資産価値の高いマンションがいいと考えました。

    奥様:私たち夫婦は長野出身で、海がない土地で育ったんです。私は、サザンオールスターズのファンで海へのあこがれが強くあり、横浜が大好きなんです。東京都内と比べて、ごちゃごちゃしすぎていなくて、住むにも遊ぶにもちょうど良いサイズ感もいいですよね。

    ご主人:私はプログラマーなので、プロジェクトに合わせて勤務先が変わります。以前は横浜でしたが、いまは東京都内で働いています。東京都内まで1時間もあれば通勤できますし、どこに行くにも便利だというのは横浜の魅力の一つだと思います。

    奥様:仕事終わりに、待ち合わせて夕飯を食べて帰ったり、日常のお買い物も横浜駅周辺で済ませることが多いですね。私たちが暮らすマンションは、横浜駅からバスで10分もかからない距離にあります。お買い物をして荷物を持っていても、自宅のそばにバス停があるので楽なんです。

    山下公園や横浜中華街。
    観光都市・横浜はデートスポットも充実

    ――休日などは、どこに遊びに出かけていますか。

    奥様:出掛けるとしたら山下公園や横浜中華街ですね。

    ご主人:どうも私が出不精で、出かける場所は妻に任せきっています(笑)。

    奥様:最初の頃は、「みんなは、こんな場所にデートに行くんだよ」って言いながら、私が横浜定番のデートコースを案内しました。横浜に暮らして1年以上経ったので、さすがにデートコースを回るということはなくなりましたね。最近は、バーに飲みに行くのが楽しみです。横浜には歴史あるバーが多いんですよ。

    家族や友人が遊びに来たときに、
    あちこち観光に連れて行ける

    ――これから行ってみたい場所はありますか。

    奥様:今度、主人の両親が遊びに来るので、横浜を案内する予定です。以前、クルーズ船「マリンルージュ」に乗ってランチはしましたが、ディナークルーズには乗ったことがないので、みんなで一緒に乗ろうと計画しています。

    ご主人:横浜は観光スポットが多いので、両親や友人が遊びに来たときに、案内する場所に困りませんね。

    奥様:私の母は1カ月に1回は遊びに来ています。横浜中華街で食事をしたり、みなとみらいでお買い物をしたりして、自由に楽しんでいます。

    ご主人:妻のお母さんは、とてもアクティブなんですよ。

    奥様:私たち夫婦が横浜に住んでいるので、気軽に来やすいんだと思います。母も横浜が大好きなんですよ。私の横浜好きは、母の影響も大きいんじゃないかな。

    賃貸としても貸し出せるし、売却もできる。
    横浜に家を買うのは賢い選択!

    ――今後も横浜での生活を満喫されるご予定ですか。

    奥様:私は横浜が大好きなので、ここで暮らし続けたいと考えています。ただ主人は長男で、両親もいつかは地元に帰ってきてほしいと思っているんじゃないかな。

    ご主人:そうだね。将来的に地元に帰るかどうかはわからないけれど、もしここを離れることになっても、横浜エリアならマンションの資産価値は高いので、賃貸として貸し出すこともできるし、売却もできると考えています。

    奥様:いずれ地元に帰ることになるかもしれませんが、あと10年は横浜の暮らしを満喫したい(笑)。

    ご主人:観光都市ということで遊べる場所もたくさんありますし、街が比較的コンパクトで、2~3駅の範囲にいろいろなものが集約されているので暮らしも便利ですよね。

    それに、将来的にはカジノができるという話もありますし 再開発も進むようです。これから街がどう発展していくのかも楽しみですよね。

    INVESTOR都心とは一線を画す優位性?
    横浜の投資事情とは

    横浜エリアの駅近マンションを2戸購入

    ――なぜ不動産に投資されたのですか。また、どんな物件を購入されたのですか。

    株や不動産など投資のバランスを鑑みて、相続を考えた時の税制上のメリットとして不動産を購入しました。現在、横浜エリアのマンションを2戸所有しています。
    1戸は、駅近というロケーション、そして海を一望できるオーシャンビューが気に入って購入しました。もう1戸も駅近物件です。歴史情緒溢れる馬車道や関内と、先進的なみなとみらい、どちらにもアクセスしやすい立地の良さが魅力でした。
    いずれも、安心できる施工会社だったということ。そして、1つの物件はみなとみらい21地区で、居住人口に制限をかけているというのが購入の決め手でした。

    すべての施設がコンパクトに集約されていて、
    生活利便性が高いのが横浜ならではの魅力

    ――横浜の魅力はどんなところにありますか。

    横浜は、港町で観光スポットも多く、ショッピングやグルメが充実している楽しい街です。さらに、緑や公園が豊富で、コンサート会場や野球場などエンターテインメントスポットもあり、ビジネス街も住宅街もあり……、すべてがコンパクトに集まっています。この生活利便性の高さは都心にはありません。それでいて、都内などへのアクセスが良いということも特筆すべきでしょう。
    こうした理由から、横浜は、他のエリアと比べて投資物件としての優位性があると思っています。また、首都圏のマンション価格が高騰している中で、横浜も高騰しているものの都心ほどではないという印象です。

    みなとみらい21地区の再開発により、
    さらに魅力的な観光都市へ

    ――横浜の将来性をどうとらえていますか。

    みなとみらい21地区には、「横浜ランドマークタワー」「赤レンガ倉庫」など観光施設をはじめ、商業施設、オフィスビルなど様々な施設が充実しています。さらに、今後も再開発が予定されていて、ホテルやイベント会場、商業施設、オフィスビル、大学などが新しく完成する予定です。
    観光名所としても人気の横浜が、再開発によりさらに魅力が増し、多くの人が集まる街になっていくのがとても楽しみです。