特集:広いお部屋

80m²超え!ゆったりのびのび生活を始めよう

リビング・ダイニングや居室一つひとつがゆったりと、広めに作られている住居面積80m²超えのマンション。住居面積が広いということは、居室はもちろん収納スペースも広く、数が多いということ。夫婦だけではなく、子どもが成長してもしっかり対応できる広さをもつマンションは、将来にわたって永く暮らせる魅力的な住まいといえるのではないでしょうか。

POINT 01
80m²超えのマンションをオススメする理由。80m²超えのマンションをオススメする理由。

理由1

購入理由は 「もっと広い住まいに住みたい」が第1位!購入理由は 「もっと広い住まいに住みたい」が第1位!

マンション購入理由として一番多いのは「もっと広い住まいに住みたい」ということ。80m²超えのマンションは、もっと広くという想いを充分に満たしてくれます。

  • ※「マンション情報のメジャーセブン/マンショントレンド調査 第22回 新築分譲マンション購入に際しての意識調査 2014年」より抜粋
現在マンション購入を検討している理由|1.もっと広い住まいに住みたいから|2.資産を持ちたい・資産として有利だと思った|3.もっと交通の便の良いところ(買い物や通勤に便利)に住みたいから
理由2

家族が増えても、子どもが成長しても安心!家族が増えても、子どもが成長しても安心!

将来子どもが生まれても、子どもの成長に合わせて住める80m²超えのマンションなら、大きくなった子どもにそれぞれ部屋を与えることもできます。家族の成長に合わせて住まい方を変えられる80m²超えのマンションは、理想的な住まいと言えるのではないでしょうか。

理由3

充分な収納スペースがあるから、室内はいつもスッキリ!充分な収納スペースがあるから、室内はいつもスッキリ!

家族が増えたり、長く暮らしていると、どうしても増えてしまう衣類などの生活用品。ウォークインクローゼットや物入れなどの収納スペースが充実した80m²超えのマンションならば、室内はいつもスッキリ。開放的な空間の中でゆったりお過ごしいただけます。

POINT 02
80m²超えのマンションをオススメする理由。80m²超えのマンションをオススメする理由。

書斎や趣味を楽しむ部屋でホリデーライフを満喫したい」 「家族でゆったりと暮らしたい」など、「もう一部屋あったらいいなあ…。」と考えたことはありませんか? 家族構成や生活環境によってライフスタイルは様々。そんなご家族のライフスタイルに合わせたお部屋の使い方をご提案いたします。

CASE 1
来客時にはリビングを広く使う。

近所のママ友とのパーティや、両親が遊びに来た時などは、リビングと洋室の間の引き戸を開けて、リビングと一体化した広い空間に。20畳以上の広々空間ができるので、遊びに来た友達にも羨ましがられます。

CASE 2
子どもの成長に合わせて
部屋を変えられる。

子どもが小さいうちは、引き戸を開ければキッチンからも目が届く洋室(2)を子ども部屋に。大きくなったら、子どものプライバシーも考えて、洋室(3)に子ども部屋を変えることもできます。

CASE 3
余った部屋は
趣味の部屋として大活躍。

家族が少ないうちは、洋室(3)が主人の趣味部屋に早変わり。書斎にしたり、趣味の自転車を飾ったりと、家族の数に比べて間取りにゆとりがある住まいだから、自由自在に活用できる多目的ルームとして使えます。

POINT 03
広いマンション選びで注意する5つのポイント。広いマンション選びで注意する5つのポイント。

1.収納がしっかり用意されているか?

広いマンションに暮らしても収納スペースがしっかり確保出来ていないと、室内にものが溢れて狭く感じることも。廊下やリビングなどの共用空間に物入れがあるか、主寝室にウォークインクローゼットなどの大容量収納が準備されているかをしっかり確認しましょう。

2.廊下面積や居室の広さの確認を!

玄関からリビングや居室に行くまでの廊下面積が少ないほど、実際の生活で使う空間が広がります。また、リビング・ダイニングはもとより、主寝室や子ども部屋などの広さも、そこにいれる家具の大きさを考えながら事前にしっかりチェックしましょう。

3.家事動線に配慮されているか?

キッチン、洗面室、バスルームのレイアウトによって家事のしやすさは大きく変化します。毎日することだからこそ、効率よく家事ができる室内レイアウトは大事なチェックポイント。家事動線をしっかりチェックして、住まいを見つけましょう。

4.部屋内には出ていないか?

15畳くらいの広いリビング・ダイニングになっていても、部屋の隅に柱があると、柱の周りがデッドスペースとなり、広い空間を充分に活用できません。居室内に柱が出ないスクエアな空間になっていれば、家具や家電も無駄なくスッキリとレイアウトできます。

5.バスルームやキッチンの広さは充分か?

毎日利用する場所だからこそ、水まわりの広さチェックは大切なこと。キッチンなら3畳以上、バスルームの広さもチェックしておくと良いでしょう。

CHECK!
こんな暮らしを叶えるクリオのマンションはこちらこんな暮らしを叶えるクリオのマンションはこちら

  • 【テーマ別】物件特集一覧