【特集】コンパクトマンションの魅力

シングルやディンクスなど、少人数で暮らすことを想定したいわゆるコンパクトマンションは、利便性の高い場所(駅近)に比較的多い。そのためアクセスに期待できることはもちろん、居住性を重視したデザイン性の高さなどのメリットがあります。

01コンパクトマンションが人気の理由

01コンパクトマンションが人気の理由

理由01利便性が高い
場所にある

コンパクトマンションは、人気の沿線の駅から近い立地に建てられる傾向に。駅周辺にある商業施設を気軽に利用できる便利さと、目的地へのスピーディーなアクセスが、フットワークの軽いシングルやディンクス層に人気があります。

理由02資産性が保たれる
傾向にある

居住面積がコンパクトなため、購入価格も比較的お求め易く、住宅ローンの支払いにもゆとりが生じます。また、利便性の高い場所に建てられることが多いため、売却や賃貸にも出しやすい傾向。駅に近い立地であれば資産性も保たれる可能性が高いと言えます。

理由03先進設備採用の
快適な居住性

コンパクトマンションでも、ファミリーマンションでも基本的な室内の設備は変わりありません。デザイン性や使い勝手のよい先進の設備が採用された室内は、快適な居住性が期待できます。

02あなたのライフスタイルは? こんな方にオススメします

02あなたのライフスタイルは? こんな方にオススメします

style01便利な場所に住みたい!

駅に近い立地だから、通勤も快適だし、ショッピング施設も充実。便利に快適に暮らすための住環境が整っています。

style02セキュリティが安心!

駅近の住まいは夜間の帰宅も安心。マンションのセキュリティも充実しているので女性の一人暮らしにも最適です。

style03賃貸から脱出したい!

コンパクトマンションなら、月々の支払いも家賃並みだからゆとりをもって返済できる上、室内は賃貸よりも快適な場合が多いです。

style04資産運用をしたい!

駅に近いなど、立地条件の良いコンパクトマンションは、借り手が早く見つかる傾向があります。月々の安定した賃貸収入も期待できます。

style05デザイン性に優れている!

スタイリッシュなデザイン性の高いものが多く、こだわりのライフスタイルを送りたいひとり暮らしにも最適です。

03空間を広く感じさせる8つの工夫

01.

視線のヌケをつくり、
開放的な空間に。

玄関からバルコニーまでを見渡せる開放的な空間をつくることで、家具などの圧迫感を感じることが少なくなるため、室内が広く感じるように。視線を遮るような高い家具は玄関から見えない壁面に配置しましょう。

02.

白を基調とした
室内カラーに。

壁紙やカーテンなどを白やクリーム色などの膨張色にすれば、光を反射させて実際よりも広く見せる効果があります。また、室内の色を少なくすることで、スッキリとした印象になります。

03.

床面を多く出す
工夫を。

家具面積を床面の1/3以下に抑え、床面を多く出すように配置することで、室内を広く感じることができます。ラグなどを置く場合は、なるべく小さなものを効果的に配置しましょう。

04.

鏡を効果的に
配置する。

室内の鏡は、なるべく大きなものを使って室外が映るような配置にすることで、空間の広がりを演出することができます。また、鏡のフレームも家具や壁紙に合わせた色合いにして、一体感を出しましょう。

05.

デッドスペースを
収納スペースに。

ベッドの下や机の下など、デッドスペースになっている空間を、収納スペースとして効率的に使いましょう。収納スペースが増えることで、室内がすっきりと広くなります。

06.

光を多く採りいれる。

窓のまわりにはなるべく何も置かずに、光がたっぷり入るよう心がけましょう。室内に射し込む陽光が多いほど、開放的で爽やかな印象を与えます。小さな窓の場合は光を反射する白系の家具を置くことで効果を高められます。

07.

壁面の飾りは
シンプルなものを。

壁にはなるべくシンプルな飾りを配置しましょう。壁面を広く見せることで天井を高く感じることができ、空間の広がりを演出します。

08.

間接照明やカーテン柄
にも配慮する。

壁や天井を間接照明で照らせば、立体感が生まれるため奥行きを感じることができます。また、カーテンも小さな柄のものを選ぶことで広さや開放感を演出することができます。

Q&Aもっと知りたいコンパクトマンション

Q&Aもっと知りたいコンパクトマンション

Q コンパクトマンションの立地はどこがいいの?
A

働きながら快適な生活を続けられる「職住近接」の立地が人気です。会社までドア・ツー・ドアで30〜40分で到着する場所を探してみましょう。
新宿や渋谷、池袋、品川、大手町などに近い場所が人気のようです。ターミナル駅の場合は駅から近すぎると、賑やかすぎる上、価格も高いのでご注意ください。

Q コンパクトマンションの広さや向きのオススメはありますか?
A

住まう方のライフスタイルや人数にもよるため、一概には言えませんが、1DKで30~35m²、1LDKで35~45m²、2LDKで45~55m²くらいが人気のようです。
「ムダな部屋はいらない」「広いと掃除が大変」などが理由としてあげられ、“自分にちょうど良い広さ”が求められているようです。また、都心では方位よりも眺望を重要視する方が多い傾向にあります。

こんな暮らしを叶えるクリオのマンションはこちら

  • 【テーマ別】物件特集一覧