北海道との取組み

明和地所では、2016年に北海道と包括連携協定を締結し、北海道の活性化に向けて相互に連携・協力しながら協同事業に取り組んでいます。

DISCOVER HOKKAIDO

DISCOVER HOKKAIDO

WEBサイト「DISCOVER HOKKAIDO」では、北海道の食や観光、ライフスタイルなどを毎月発信しています。また、インスタグラムを活用した「#みんなの北海道」投稿キャンペーンを実施しております。

詳しくはこちら

木のまち旭川エリア 未来づくり感響プロジェクト

木のまち旭川エリア
未来づくり感響プロジェクト

旭川家具を通じて「木のまち旭川」で育つ中高生を対象とした「本物志向の人づくり」を進めるプロジェクト。家具のリユースでの収益を森や木に関係する取組みに循環させたいとの想いから、北海道との包括連携協定の一環として、サポート企業として参画しています。

詳しくはこちら

北海道の木育

「木育」は、豊かな森林と木材に恵まれた北海道で生まれた言葉です。子どもをはじめとするすべての人が「木とふれあい、木に学び、木と生きる」そのきっかけとなるような、生活の中に“森”と“木”を身近に感じてもらえるワークショップを開催しています。

詳しくはこちら

建設現場勉強会

建設現場勉強会

北海道の建設・不動産に関わる人材教育のため、建築現場勉強会を開催しています。レポートページにて、勉強会の模様を紹介しています。

詳しくはこちら

写真左より前北海道知事:高橋はるみ 明和地所株式会社札幌⽀店⻑:井上雄策

赤れんが庁舎改修事業

札幌市中央区の赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)のリニューアルに向けて発表された基本指針(素案)に賛同し、リニューアル事業に参画しています。 2018年10月26日には、「みんなの赤れんがプロジェクト」オープニングセレモニーが執り行われ、赤れんが庁舎改修事業への寄付に対し、高橋はるみ前北海道知事より知事感謝状が授与されました。

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)

企業の力で地方創生を応援することを目的に2016年4月に創設された「地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)」を活用しています。自治体が作成した地方版総合戦略に位置づけられており、内閣府による認可を受けた事業に対する寄附が対象となります。(プロジェクトは2018年3月30日認定)

本件に関する北海道庁のホームページ

北海道産家具の使用

北海道産家具の使用

北海道の家具を、施工物件のエントランスやモデルルームなどで使用すること、北海道ブランドをPRしています。

安全・安心どさんこ運動

安全・安心どさんこ運動

北海道で推進している「安全・安心どさんこ運動」など、地域の安全活動に参加しています。

北海道と包括連携協定締結

北海道と明和地所株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原田英明)は、北海道の活性化に向けて相互に連携・協力しながら協働事業に取り組むことを目的として、2016年6月3日に包括連携協定を締結いたしました。北海道が不動産会社と包括連携協定を締結するのは初めてです。

■取組分野
・北海道ブランドのPR・北海道の食や観光等のPR ・北海道の人づくり など

本件に関する北海道庁のホームページ

写真左より前北海道知事室⻑:浦本元人 前北海道知事:高橋はるみ
明和地所株式会社代表取締役社⻑:原⽥英明 取締役執行役員:⻑尾和

前北海道知事 高橋はるみ

明和地所様におかれましては、道内においてマンションの開発・分譲事業を通じ、豊かで潤いに満ちた住み心地の良い住環境づくりにご貢献いただいております。この度、明和地所様と協力して北海道の活性化を進めていくため、不動産会社様とは初めてとなる包括連携協定を締結させていただきました。この協定を契機により一層連携を深め、今後も明和地所様と北海道の双方が有する様々な資源やノウハウを最大限に活用し、創意工夫を凝らした取組を進めてまいりたいと考えております。

明和地所株式会社 代表取締役社長 原田 英明

30周年を迎えた記念すべき年に、創業以来事業展開している北海道と包括連携協定を締結できたことを大変喜ばしく思っております。本協定を通して、マンションの品質やデザイン性の更なる向上、北海道の食や観光等の情報発信による新しいコンテンツのご提案を行ってまいります。またCSR活動の一環として、学生向けに現場見学会を実施し、建設関係を中心に地域社会の人材育成に貢献したいと考えております。この協定を機に、北海道経済の活性化に向けたお手伝いができればと思っております。

(2016年6月現在)