公式アプリ限定情報公開中!登録不要完全無料 アプリをインストール公式アプリ限定情報公開中!登録不要完全無料 アプリをインストール

SECURITYセキュリティ・構造 

Image photo

SECURITY

3つのセキュリティラインが安全な暮らしを見守ります。

敷地内に3つのセキュリティラインを設け、不審者の不法侵入を防ぎます。マンションの敷地内(1次セキュリティ)、建物の共用部(2次セキュリティ)、そして住戸内(3次セキュリティ)へと、専有部に近づくにつれ防犯対策を強化していきます。

  • トリプルセキュリティ概念図

  • 「狙われにくいこと」「侵入を未然に防ぐこと」そして実際に「侵入が困難なこと」、その上で「プライバシーの保護まで考えること」を念頭において、外構・共用部から住空間の細部に至るまで、1次から3つのセキュリティを効率的に重ね合わせました。明和地所の「SECULIO=セキュリオ」は、当社の経験とノウハウを基に創り上げたセキュリティシステムです。

    ※トリプルセキュリティ概念図およびSECULIOはセキュリティ概念についての内容で、本物件のメインエントランス以外の出入ロセキュリティラインは対象外となります。

  • 1次セキュリティ

    隣地境界等

    隣地境界フェンス(参考写真)

    隣地境界線沿いを高さ約1.8mのフェンスもしくは生垣等で区画をすることにより、隣地からの侵入を未然に防ぎます。また、道路境界線に沿った部分には植栽を効果的に配し、出入りできるルートとエリアを限定します。共同住宅として堂々たる入り口の構えを持つ事で、侵入者の心理的な障壁となる効果を創出します。

  • 2次セキュリティ

    建物共用部

    防犯カメラ(参考写真)

    建物内に侵入する不審者を制限するエリアです。「オートロックの区画」といわれ、マンション専用の鍵を使わなければ建物内に入れないシステムとなっております。建物内の要所には防犯カメラも設置されています。

  • 3次セキュリティ

    専有部

    ダブルロック玄関ドア(参考写真)

    住戸内(専有部)に対する防犯区画です。侵入者に狙われやすい各住戸の玄関ドアには、ピッキングによる解錠がしにくいロータリーシリンダーキーを2箇所に設けたダブルロック、防犯サムターン、鎌付きデッドボルト錠等を採用し、防犯性を高めています。

共用部から専有部までガードした、安心のセキュリティシステム

日々の安心を見守る先進のセキュリティ

全住戸にカラーモニター付インターホンを設置しました。来訪者を映像と音声で確認できるので安心です。
さらに防犯カメラ付のエントランスのオートロックに、専有部玄関ドアのダブルロックと、安心のセキュリティシステムを採用しました。勧誘セールスの訪問やマンション内への不審者の浸入を未然に防ぐ、安心のセキュリティシステムです。

左右にフリックしてご覧ください

概念図

エントランス

  • 参考写真

    参考写真

  • エントランスオートロック

    高いセキュリティ性と優れた操作性を備えたノンタッチキーシステムを採用しました(ICチップ内蔵のノンタッチキーによりキーをかざすとエントランスドアが解錠できます)。

    ※来訪者は各住戸内からの解除信号によってオートロックが開かれます。※各住戸玄関ドアの施・解錠はリバーシブルキーを挿入(上下シリンダー部)して操作します。

共用部・エレベーター

共用部の防犯カメラ及び、エレベーター内モニター※1、防犯窓※2・防犯カメラ・非常ボタン付エレベーター

には、エレベーター内モニターを設置し※1、エレベーターには防犯窓※2、防犯カメラと非常ボタンを設置し、セキュリティに配慮しました。

※1.地下1階のみ設置 ※2.地下1階を除く

  • 参考写真

    参考写真

    防犯カメラ

  • 参考写真

    参考写真

    エレベーター内モニター

  • 参考写真

    参考写真

    非常ボタン

エレベーター内操作パネルのインターホンボタン(SOS)を押すと非常ボタン操作時と同様の対応になります。

住居部分

  • 参考写真

    参考写真

    ダブルロック玄関ドア

    玄関扉にはダブルロックを採用しました。

  • 参考写真

    参考写真

    鎌付デッドボルト

    破壊工具を使用して暴力的不正解錠にも対応できるように、鎌付デッドボルトを装備しました。

  • 参考写真

    参考写真

    ドアガード

    玄関ドアには無理矢理ドアを開けることを防ぐドアガードを設置しました。

  • 参考写真

    参考写真

    スイッチ式サムターン

    「サムターン回し」を防止するための機構を持つスイッチ式サムターンを採用しました。

  • 参考写真

    参考写真

    カメラ付インターホン子機

    玄関前の来訪者をカメラで確認できるカメラ付インターホン子機を採用しました。

  • 参考写真

    左:インターホン親機 右:非常ボタン

    カラーモニター付インターホン

    エントランスの来訪者を音声と画面で確認できるカラーモニター付インターホン(親機)を採用しました。ハンズフリーで応答できます。

  • 参考イラスト

    参考イラスト

    ロータリーシリンダーキー

    ピッキング対策として、理論鍵違い数は約1,000億通りという2WAYロータリータンブラー方式とロッキングバー方式を組み合わせたハイセキュリティシリンダーを採用。

    ※図はシリンダー内部をわかりやすくするために、 部品の一部を省略して描いています。

セコムと提携の24時間セキュリティ・防災[異常]対応ネットワークシステム

各住戸で非常事態の発生や危険を感じた時に、インターホンの「非常押しボタン」が押されると、その情報は管理事務室内の防災監視盤を通じて「セコムコントロールセンター」に自動通報されます。万一の場合には警察署や消防署等の関係機関にも緊急連絡します。また、管理事務室では給排水設備、電気設備など共用部の異常警報を24時間オンライン監視を行い、万一の故障時には即時に対応します。

左右にフリックしてご覧ください

玄関ドアと開口部(一部除く)に防犯センサーを設置

  • 各住戸の玄関ドアと開口部(一部除く)には防犯センサーを設置しました。外出時やおやすみ前にセンサーをONにすれば不正解錠時にインターホンが警報を発し、セコムに通報されます。

    ※住戸内での防犯センサーのセットはインターホン(親機)を使ってセットします。また、防犯センサーはFIX窓を除く。(詳しくは図面集参照)

  • 参考写真

STRUCTURE

建物の耐震強度はもちろんの事、住まう方の安心と安全に配慮しました。

  • 概念図

    建物を支える強固な基礎構造

    建物を支える地中の支持地盤に、頑強な杭を打つことで躯体を支える杭基礎工法を採用しました。杭は確実な強度が得られるコンクリート杭を使用し、国土交通大臣認定工法で支持地盤まで確実に杭を打ち込み、建物全体をしっかり支えます。

  • 参考写真

    鉄筋コンクリート造

    建物の構造は、引っ張られる力に強い鉄筋と、圧縮される力に強いコンクリート部材で構成される鉄筋コンクリート造で、強度、剛性、耐久性に優れた躯体構造を実現します。

  • 左:シングル配筋断面概念図 / 右:ダブル配筋断面概念図

    建物の強度を高めるダブル配筋

    建物の主要な壁はコンクリート内の鉄筋を二重に配するダブル配筋としました。シングル配筋に比べて高い強度を発揮し、建物の耐久性を保ちます。

    ※非構造壁を除く。

  • 概念図

    外壁・床構造

    外壁は約150mm以上、床は約200mm以上のコンクリート厚を確保。地震に強く雨風による建物の劣化を軽減し、強度と耐久性を実現します。

    ※一部除く。

  • 概念図

    より強さを増す溶接閉鎖型フープ筋

    建物を支える柱(柱の接合部分、間柱は除く)部分に巻く鉄筋(フープ筋)は、鉄筋のつなぎ目をフックのないリング状に溶接された溶接閉鎖型にすることで、柱自体の強度をさらに高めています。

    ※一部除く。

  • 概念図

    戸境壁

    住戸間の戸境壁は約180mm以上のコンクリート壁とし、音の伝わりを軽減し、住まいの遮音性と安全性に優れた構造を実現します。

  • 概念図

    構造スリット(耐震スリット)

    柱と梁が 一体化したラーメン構造でできた建物の骨組みである「柱・梁」と「壁」をコンクリートで一体として造るのではなく、それぞれの間に「スリット(すき間)」を設け、専用の部材を設置しています。主にバルコニーや共用廊下側の壁(非耐力壁)と柱の間等にスリットを設けることにより、地震時に柱や梁に余分な力をかけることなく、建物が大きな被害を受けるのを防いでいます。

    ※一部除く。

  • 概念図

    コンクリートのかぶり厚

    「かぶり厚」とは鉄筋を覆うコンクリート厚のことです。構造耐力上、必要な部分である柱や梁などの鉄筋の表面を覆うかぶり厚は40mm以上としました。鉄筋が錆びにくく、柱や梁の耐久性がさらに強化されます。

    ※室内に面する柱・梁等は30mm以上

  • 概念図

    二重床・二重天井

    水まわりの給排水管や電気配線などを、二重床・二重天井部分に敷設することで、リフォームやメンテナンス・更新が比較的容易にできます。

    ※水まわり以外は直床・二重天井となります。

  • 左:複層ガラス(参考写真) / 右:複層ガラス(概念図)

    断熱にすぐれた複層ガラス

    住戸のサッシには気密性・断熱性の高いサッシを使用し、サッシのガラスには屋内・外の温度変化を伝えにくくするために、ガラス間に空気層を設けた複層ガラスを採用しました。この気密性の高いサッシと複層ガラスにより断熱効果が高まり、電気・光熱費を低減し、省エネルギー対策の役割を果たします。

    ※一部除く

  • 概念図

    結露防止・断熱のための対策

    住戸内の換気によっては、結露が発生しやすい箇所があります。住戸外の熱や冷気を室内に伝わりにくくするように断熱性を高めた内断熱を採用しました。

※掲載の外観完成予想図は、設計段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なる場合があります。形状の細部、設備機器等は表現していません。表現されている植栽は設計段階のものであり、変更になる場合があります。また葉の色合いや枝ぶりや樹形は想定であり、竣工から生育期間を経た状態のものを描いています。また特定の季節状態を示すものではありません。
※掲載のイラスト等は概念図、参考CGです。設備・機器の写真等は他物件のクリオ ライフスタイルサロン(一部有償設計変更あり)を撮影した参考写真のため仕様・設備が異なる場合があります。一部写真は住設機器の各メーカーより提供を受けたもので一部変更になる場合があります。家具・調度品、有償オプション等は販売価格に含まれません。一部現場写真、その他は参考写真(同一の形質、内容)となります。

clioアプリ
oricon2
PAGE TOP