クリオ春日原【公式HP】| 福岡県春日市の新築マンション・分譲マンション

Asset
Management

imagephoto

クリオ春日原の
資産性

駅近立地×居住性×資産性

時代のトレンドとライフスタイルの変化を背景として、
今注目されているのがコンパクトプラン。
利便性と居住性を重視しつつ、
今後の資産性を考慮した魅力的な商品として、
そのニーズが高まっています。

いつまでも
家賃を
払って
いたくない

imagephoto

資産形成を
重視
している

imagephoto

リタイア後の
暮らしを
考えている

imagephoto

1

半投半住
という考え方

2

住まい選び

3

投資・
節税対策

4

春日市の
資産価値

5

購入の疑問

1

コンパクトプラン活用法
「半投半住」という考え方

一般的に「マンションは一生の買い物」と
よく言われますが、
本当にそうでしょうか?
現在はライフスタイルの多様化や
低金利などの時流もあり、
将来的に資産として活用することも考えて
マンションを購入する
「半投半住」という考え方があります。

※「半投半住」は、「都心に住むbySUUMO」編集部考案の造語です。

こんな目的の方にオススメです。

imagephoto

賃貸脱出

賃貸とは異なる品質と、
将来性も魅力となる住まい

imagephoto

実家独立

実家住まいを脱出して
一人暮らしを始めたい人

imagephoto

SOHO

SOHOとして
ビジネスの拠点に

imagephoto

資産運用

資産として
活用することも可能

こんな暮らしをしている方にオススメです

imagephoto

シングル

職場も遊びも近い、充実のシングルライフを創造

imagephoto

ディンクス

2人の時間を、
より輝かせる暮らしの舞台

imagephoto

デュークス

家族とお子さまの
未来を考えた堅実な選択

imagephoto

シニア

安心と快適に彩られた
豊かなシニアライフ

1

半投半住
という考え方

2

住まい選び

3

投資・
節税対策

4

春日市の
資産価値

5

購入の疑問

2

「半投半住」志向のマンション購入は
住まい選びの賢い選択です。

将来的に住み替え時の売却や
資産運用を考えた場合に、
高い資産性が維持できる住まいを
購入すればさらに有利。
マンション購入時には
自分が居住する住まいであっても、
投資による資産価値を考えて選ぶことが大切です。

マンション購入→売却or 賃貸シュミレーション

※購入目的によって金利が変わります。詳しくは係員にお問い合わせください。
※外観完成予想図/設計段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なる場合があります。形状の細部、設備機器等は表現していません。
表現されている植栽は設計段階のものであり、変更になる場合があります。また葉の色合いや枝ぶりや樹形は想定であり、竣工から生育期間を経た状態のもの
を描いています。また特定の季節状態を示すものではありません。敷地周辺の建物などについては一部省略しています。

住まいとしての活用

投資としての活用

SINGLE-シングル-

「食・住・遊」が近接しているため通勤時間に余裕が生まれ、
のびのびとしたシングルライフを過ごせます。
資産価値が高いため、将来的な資産形成をお考えの方におすすめです。

imagephoto

DINKS-ディンクス-

二人で暮らすのにちょうど良い広さ。お互い職場にも近くなり、
忙しい方でも時間に余裕を持ったON とOFF が過ごせます。
子供が生まれても十分な広さがあるので安心です。

imagephoto

DEWKS-デュークス-

家族とお子様の未来を考えて堅実な選択。
駅近・職近立地で保育施設も近いため、
お子様の送り迎えが楽になり、毎日の時間に余裕が生まれます。

imagephoto

SENIOR-シニア-

煩わしい戸締りや階段の上り下りからの解放、
お子様の独立などで広すぎる一戸建てからの住み替えなど、
駅近のちょうど良い広さの住まいがシニアライフの舞台に。

imagephoto

BUISINESS-SOHO 目的-

駅徒歩5 分圏内の強力なアクセス力で
仕事の幅を広げるのにもぴったりのポジション。
先進のセキュリティが揃っているため、仕事場としても快適です。

imagephoto

WEALTHY-資産運用-

立地・居住性が高く、多くの借り手が見込まれるコンパクトプランは私的年金代わりとしても魅力的。

imagephoto

1

半投半住
という考え方

2

住まい選び

3

投資・
節税対策

4

春日市の
資産価値

5

購入の疑問

3

投資や節税対策を視野にいれたい方への
6つのポイント

POINT
01

家賃(現金)収入で
老後に備える

imagephoto

POINT
02

現金にくらべ
相続税額が軽減される

imagephoto

POINT
03

賃貸マンション運用時には
必要経費が認められる

imagephoto

POINT
04

実際に居住し、
現物による資産形成を

imagephoto

POINT
05

アパート経営より手軽な、
マンション経営

imagephoto

POINT
06

銀行ローンが
利用できる

imagephoto

1

半投半住
という考え方

2

住まい選び

3

投資・
節税対策

4

春日市の
資産価値

5

購入の疑問

4

春日市の
資産価値

※「春日原北町」アドレスで供給された
新築分譲マンションは
2013年4月以降7年ぶりです。
調査期間:2000年1月~2020年10月/
出典:株式会社九州産業研究所調べ

春日市では春日原北町周辺が最も地価が高く
地価変動推移も上昇している注目の地域です。
出典:国土交通省標準地・基準地検索システム、福岡県地価調査(2020 年)

春日原北町の公示地価は5年間で
約167%上昇しています。

公示地価推移

出典:株式会社九州産業研究所調べ

地価前年比変動率

出典:株式会社九州産業研究所調べ

春日市の人口増減

春日市に住む人口の平均年齢は42.4歳です。
春日市の内訳は、19歳未満21.7%、20~29歳は10.3%、30~39歳は12.3%、40~49歳は15.8%、50~64歳は19.1%、65歳以上で20.8%。
福岡県の65歳以上の人口(25.9%)を比較すると、5.1%低くなっています。
平均年齢は福岡県で3番目に低く、少子高齢化の影響は比較的少ないと言えます。
また、2015年の国勢調査によると、春日市の総人口は、2010年の調査から約3.7%増加しました。
その結果、福岡県全体の人口増加率を上回りました。

出典:国勢調査(2015年)
株式会社九州産業研究所調べ

1

半投半住
という考え方

2

住まい選び

3

投資・
節税対策

4

春日市の
資産価値

5

購入の疑問

5

マンション購入の不安や疑問を解決します

実は知っているようで、知らないことが
意外とたくさんあります。
マンション購入時の疑問や不安にお答えします。

Q買った場合と借りる場合では
どんな差があるの?

A.マンション購入は資産形成になります。

賃貸住宅の家賃は掛け捨て。払っていても資産にはなりません。
早めにマンション購入することで賃科だった分を資産形成に充てられます。

マンション購入vs賃貸物件

お金について

購入のメリット

●自分の資産になる

●同じ広さで比較すると賃貸よりも月々の支払額を抑えられる場合がある

●同じ月額費用なら賃貸よりも広い部屋に住める場合がある

●もしもの時には、住宅ローンは保険で支払われる

●住宅ローン控除があり、税制面で優遇される
(50m² 以上の場合)

賃貸のメリット

●管理費がかからない

●維持費がかからない

●固定資産税などがない

●住宅ローンの負担がない

●地価の変動によって自分の資産価値が影響をうけない

快適について

購入のメリット

●自分に合ったリフォームができる

●老後の住まいが確保できる賃貸よりもゆったりしたつくり

賃貸のメリット

●自由に住み替えができる

●勤務地や生活スタイルの変化に合わせられる

●固定資産税などがない

●もし住んでみて気に入らないところがあれば引越しが容易にできる

●購入の場合より賃貸契約の方が手続きが簡単である

設備について

購入のメリット

●設備がしっかりしている

●共有部の管理が行き届いている

●設備の保守は、自己負担となるが、好きなようにリフォーム可能でいますぐでなくても、都合のいい時期に行なわれる

賃貸のメリット

●保守義務はオーナー

Q頭金を貯めないと
購入できないのでは?

A.100%のローン
組むことが可能です。

「クリオ春日原」は、約100% のロ一ンを組むことが可能なので頭金が少なくても購入ができます。
※審査によっては利用できない場合がございます。

頭金を貯めながら家賃の支払いを続けるよりも
マンションを早く購入して資産を持つ方が
有利という考え方もあります。

例えば頭金を3年間で100万円貯めるには、
毎月約27,800円の貯金が必要です。
さらに家賃の支払いもあります。

頭金が10万円の場合と100万円の場合を比べても
月々の返済額は約2,294円の差しかありません

※頭金10万円と100万円の差額90万円を当社提携ローンの優遇(変動)金利0.395%、35年返済の場合、月々約2,294円となりとなります。※借入可能額は、金融機関や借入れる方により異なります。詳しくは係員にお問い合わせください。

Q本当に今、購入していいのか
わからない・・・

A.史上最低金利の今が買い時です

マンション価格は高騰を続けていると言われていますが、住宅ロ一ンの金利は今が史上最低時代とも言われています。今は価格をみるよりむしろ金利を見た方が賢い選択ができます。

※借入総額3500万円を月々均等返済、元利均等35年で、金利は一昔前の都市銀行の金利2.475%と、当社提携ローンの優遇金利0.395%で算出したシミュレーションです。金利の変動は見込んでいません。※詳しくは[提携ローンのご案内]をご覧ください。

Q投資や節税の見地では
どうなのでしょうか ?

A.相続税額の軽減など、
結果として節税につながります。

■現金に比べ相続税額が軽減されます。

現金や預金を相統する場合と、不動産を相続する場合を比較すると、相続税評価額の算定方式が異なります。額面金額となる現金に比べ、不動産は用途ごとにその評価方法が決められています。さらに、お部屋が賃貸されていれば、相続税評価額が引き下げられ、相続税額が軽減。結果として節税につながります。
※詳しくは係員にお問い合わせください。

■賃貸マンション運用時には必要経費が認められます。

不動産所得額として所得税の課税対象となるのは、賃貸による家賃や礼金収入から、管理費、修繕費、固定資産税などの必要経費を控除した額です。また、不動産所得額が赤字となった場合には、赤字額を給与所得などから差し引くことができ、確定申告で所得税還付を受けることができます。
※詳しくは係員にお問い合わせください。