新しい時代に、
新しい暮らし方を。
これから求められる
「家」と「街」を考えました。

この1年で、私たちの暮らしは大きく変わってしまいました。
今やテレワークが当たり前になり、通勤の必要がなくなったことで
都心居住のステータスが少しずつ薄らいでいます。
「新しい生活様式」が求められる時代にふさわしい住まいとは、
どんなものなのか。私たちは「街(立地)」から考え直しました。

テレワークによって住みたい「家」と「街」が
大きく変わってきています。

図:「テレワークは継続したい」という本音。

今後のテレワーク継続意向

働いている時間のうち、どの程度テレワークとして継続したいか。

図:働いている時間

全体の84%がテレワークを継続したい、と考えています。

独身でもファミリーでも約8割の方々が今後もテレワークを続けたいと考えています。旧来の「働きに出る」という考え方から脱却し、まさに「新しい生活様式」が浸透ししてきているようです。

図:「通勤」という条件がなくなると「本当に住み替えたい住宅」はどうなるのか。

今後住み替えたい住宅への希望

図:今後住み替えたい住宅への希望

従来までの交通利便性ではなく「居住性」の高さを求める傾向に。

「部屋数の多い家」「リビングを広くしたい」「通勤利便性より周辺環境重視」といった回答からも分かる通り、オフィスがある中心部の近くに住む理由が少なくなり、居住性を求める割合が高くなっています。

出典:「新型コロナ禍を受けたテレワーク×住まいの意識・実態」調査(2020年5月・リクルート住まいカンパニー調べ)

クリオラベルヴィは、
いま求められる暮らしのあり方を考えて、
都心近接の潤いあふれる「豊平・学園前」を選びました。

image Photo

「学園前」駅から
遊歩道を歩いて徒歩2分。
周辺施設も充実した穏やかな
「第一種住居地域」

近隣イメージイラスト

近隣イメージイラスト

写真:穏やかな住宅街

現地から地下鉄「学園前」駅への遊歩道

自宅から駅までの遊歩道に感じる、穏やかで暮らしやすい周辺環境。

最寄り駅の地下鉄東豊線「学園前」駅までは、静かな遊歩道を抜けて徒歩2分。
遊歩道や、ちょっとした街角にも潤いが添えられているので、四季の移ろいを感じられることでしょう。

良質な住環境の保護を目的とした「第一種住居地域」に位置しています。

市街地の土地利用を定めた用途地域における「第一種住居地域」は、その住環境を保つため、大型商業施設やカラオケボックスなどの建設が許可されないエリア。
「クリオ ラベルヴィ豊平」は、この「第一種住居地域」に位置しているため、閑静で潤いに満ちた住環境が整っています。

イラスト:周辺地図
  • 第一種住居地域
  • 準住居地域
  • 商業地域
  • 近隣商業地域

用途地域イラスト

写真:ビバホーム 豊平店

ビバホーム 豊平店

約220m(徒歩3分)

写真:ゲオ札幌 豊平店

ゲオ札幌 豊平店

約230m(徒歩3分)

写真:アインズ 豊平東光店

アインズ 豊平東光店

約100m(徒歩2分)

写真:モスバーガー 札幌豊平店

モスバーガー 札幌豊平店

約180m(徒歩3分)

スーパーやドラッグストアもすぐそば。
だから、暮らしやすくて心地いい。

普段づかいできるお店がそろっていることも「学園前」駅周辺の魅力。東光ストアやビバホーム、ザ・ビッグなどが軒を連ねているので毎日のお買い物に便利です。暮らすほどに心地よさを感じ、日増しに愛着が増していくことでしょう。

「都心に近い「学園前」。
市内中心部をアクティブに使いこなせる立地。

イラスト:立地イメージ

立地イメージイラスト

写真:地下鉄東豊線「学園前」駅

「大通」駅へも乗車4分。
ここから始まる軽快なライフネットワーク。

自宅から徒歩2分の地下鉄「学園前」駅から、「大通」駅へは乗車4分、「さっぽろ」駅へは乗車6分。
札幌駅や大通、すすきのへダイレクトにアクセスできるので札幌都心を身近に、アクティブに使いこなすことが出来ます。

写真:札幌

SAPPORO

Image photo

「さっぽろ」 駅直通6

駅直結のJRタワーなど、ショッピングやグルメが楽しめる札幌のトレンド拠点。

写真:大通

ODORI

Image photo

「大通」 駅直通4

四季を彩る大通公園を中心に広がる、ビジネスとカルチャーの発信地。

写真:すすきの

SUSUKINO

Image photo

「豊水すすきの」 駅 直通2

話題スポットや隠れた名店など、大人の感性を刺激する「もう1つのすすきの」。

「もしも…」のことまで考え、
選び抜かれた「豊平」。

全国的に夏から秋にかけて大雨による浸水被害が年々増えています。札幌でも同じような災害が起こる可能性は少なくありません。「クリオラベルヴィ豊平」周辺は、中央区や白石区よりも高台に位置し、浸水の危険性が低いことがわかります(図1)。

標高立地概念図

標高立地概念図

また、記憶に新しい震災についても地震後に起こり得る液状化の危険性が極めて低いとされる立地(図2)になっています。 このように自然災害のことまで考え、いつまでも安心して永く住み続けられることを前提として、この学園前・豊平エリアを選びました。

図:ハザードマップ
  • 液状化発生の可能性がある
  • 液状化発生の可能性が低い
  • 液状化発生の可能性が極めて低い

用途地域イラスト

オンもオフも、
いつでも住み心地のいい街から
ニューノーマル時代に
ふさわしい暮らしが始まります。

image Photo

地下鉄駅に近く、都心に出掛けやすい。
近所でお買い物がしやすく、自然豊かな街並が広がっている。
そして、いつまでも安心して暮らせる。
新しい生活様式にふさわしく、
私たちが求める「街」がまさに学園前・豊平エリアでした。
ここにクリオラベルヴィの確かな住品質をお届けします。

外観完成予想図

※掲載の近隣イメージイラストおよび立地イラストは周辺の立地を概念化し、イラスト化したもので、地形·起伏·建物の大きさ·距離·方向·眺望等は実際とは異なります。
※交通所要時間は日中平常時のもので乗り換え、および待ち時間等は含まれません。
※距離表示については地図上の概測距離を、徒歩分数表示については80mを1分として算出し、端数を切り上げて算出したものであり、信号待ち、一時停止等は含んでおりません。
※用途地域イラストは、札幌市ホームページ内「都市計画情報提供サービス」を基に作成したものです。
※標高立地概念図イラストは札幌市ホームページに掲載の「標高図」を基に作成したものであり、正確な距離や建物の規模、道路の幅等を示すものではありません。周辺環境は将来に渡って保証されるものではございません。
※液状化危険度地図は札幌市地図情報サービスの「液状化危険度」を基に作成したものであり、正確な距離や建物の規模、道路の幅等を示すものではありません。
※外観完成予想図/設計段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なる場合があります。形状の細部、設備機器等は表現していません。表現されている植栽は設計段階のものであり、変更になる場合があります。また葉の色合いや枝ぶりや樹形は想定であり、竣工から生育期間を経た状態のものを描いています。また 特定の季節状態を示すものではありません。敷地周辺の建物などについては省略しています。
※掲載の環境写真は2019年11月に撮影したものに一部CG処理を施したものです。