Security

セキュリティ・構造

Image photo

住む人の思いを
奏でる設えを

SECURITY

セキュリティ

共用部から専有部までガードした、
安心のセキュリティシステム

3つのセキュリティラインが安全な暮らしを見守ります。

「クリオ刈谷セントラルマークス」では敷地内に3つのセキュリティラインを設け、不審者の不法侵入を防ぎます。マンションの敷地内(1次セキュリティ)、建物の共用部(2次セキュリティ)、そして住戸内(3次セキュリティ)へと、専有部に近づくにつれ防犯対策を強化していきます。さらに「クリオ刈谷セントラルマークス」では1階に住戸を設けないで共用部にすることで防犯に配慮しました。

CLIO ORIGINAL SECURITY SYSTEMSECULIO

「狙われにくいこと」「侵入を未然に防ぐこと」そして実際に「侵入が困難なこと」、その上で「プライバシーの保護まで考えること」を念頭において、外構・共用部から住空間の細部に至るまで、1次から3次のセキュリティを効率的に重ね合わせました。明和地所の「SECULIO=セキュリオ」は、当社の経験とノウハウを基に創り上げたセキュリティシステムです。

トリプルセキュリティ概念図

※トリプルセキュリティ概念図およびSECULIOはセキュリティ概念についての内容で、本物件のメインエントランス以外の出入口セキュリティラインは対象外となります。

1次セキュリティ

隣地境界等

隣地境界線沿いを高さ約2mのフェンスもしくは生垣等で区画をすることにより、隣地からの侵入を未然に防ぎます。また、道路境界線に沿った部分には植栽を効果的に配し、出入りできるルートとエリアを限定します。共同住宅として堂々たる入り口の構えを持つ事で、侵入者の心理的な障壁となる効果を創出します。

隣地境界フェンス(参考写真)

隣地境界フェンス(参考写真)

2次セキュリティ

建物共用部

建物内に侵入する不審者を制限するエリアです。「オートロックの区画」といわれ、マンション専用の鍵を使わなければ建物内に入れないシステムとなっております。建物内の要所には防犯カメラも設置されています。

防犯カメラ(参考写真)

防犯カメラ(参考写真)

3次セキュリティ

専有部

住戸内(専有部)に対する防犯区画です。侵入者に狙われやすい各住戸の玄関ドアには、ピッキングによる解錠がしにくいロータリーシリンダーキーを2箇所に設けた2重ロック、防犯サムターン、鎌付きデットボルト錠等を採用し、防犯性を高めています。

玄関2重ロック(参考写真)

玄関2重ロック(参考写真)

エントランス

エントランスオートロック

高いセキュリティ性と優れた操作性を備えたハンズフリー・非接触キーシステムを採用しました(ICチップ内蔵キーによりエントランスドアと各住戸玄関ドアが解錠できます)。

■来訪者は各住戸内からの解除信号によってオートロックが開かれます。

■各住戸玄関ドアの解錠はハンズフリー・非接触キーを挿入(上下シリンダー部)して操作することもできます。

ノンタッチキー(参考写真)

クラビスF22シリンダー

ピッキング対策として、理論鍵違い数は約5兆5千億通りを有し、不正解錠や不正複製が極めて困難なクラビス(clavis)F22シリンダーを採用しました。

[ピッキング対策]

※図はシリンダー内部をわかりやすくするために、部品の一部を省略して描いています。

クラビスF22シリンダー(参考イラスト)

共用部・エレベーター

共用部の防犯カメラ及び、エレベーター内監視モニター、防犯カメラ付きエレベーター

共用部には防犯カメラを設置しました。また、エレベーター前には、エレベーター内監視モニターを(1階のみ)をエレベーター内には防犯カメラを設置し、セキュリティに配慮しました。

共用部の防犯カメラ

共用スペースには11基の防犯カメラ(エレベーター内2基を含む)を設置しました。

共用スペースの防犯カメラ(参考写真)

共用スペースの防犯カメラ(参考写真)

エレベーター内監視モニター(1階のみ)・
防犯カメラ付きエレベーター

エレベーター内には防犯カメラを設置し、防犯に配慮しました。また、エレベーター内の映像は1階エレベーター出入口上部のエレベーター監視モニターに表示されます。

参考写真

参考写真

24時間自動録画

防犯カメラの映像は管理事務室の監視モニターに表示され、24時間自動録画されます。

監視モニター(参考写真)

監視モニター(参考写真)

EARTHQUAKE RESISTANCE

耐震性

基礎構造および工法等

建物と安心、安全に支える強固な基礎構造

「クリオ刈谷セントラルマークス」は建物を支える地中の支持地盤に、頑強な杭を打つことで躯体を支える杭基礎工法を採用しました。杭は建設現場でコンクリートを流し込んで杭を造成する「場所打ちコンクリート杭」を使用し建物全体をしっかり支えます。

基礎構造概念図

建物の構造

ENERGY CONSERVATION

省エネルギー

設備機器等による省エネルギー対策と温暖化の緩和

●キッチンの蛇口一体型浄水器機能付シャワー水栓

キッチン水栓には少量の吐水量で使用することができる節湯型の蛇口一体型浄水器機能付きシャワー水栓を採用しました。原水のほか浄水が使用でき、お湯利用の際には給湯器使用によるガスの使用料が減りCO2の削減にもつながります。

●節水上手な食器洗い乾燥機

手洗いに比べて水道・光熱費がオトクで、約5人分の食器37点※を1度に洗浄することが可能です。手洗いに比べ水道・光熱費の節約になります。

※日本電気工業会自主基準による

●浴室の節水型シャワーヘッド(eシャワーNFワンストップ付)

従来のシャワーに比べて約44%節水します。やわらかな浴び心地のあるシャワーはバスタイムの省エネに大きく貢献します。

●断熱風呂ふた+高断熱浴槽

専用の断熱風呂フタと高断熱浴槽のダブル保温構造で、4時間後の温度低下は約2.5℃と優れた保温性を発揮します。それにより、追い炊きの回数が減りガス消費量を削減できるので資源の有効活用ができ、CO2も削減できます。

参考イラスト

●省エネ型給湯器[エコジョーズ]

省エネ型給湯器[エコジョーズ]は、今まで利用せずに屋外に排出していた潜熱(お湯を温める時に出る熱)を再利用し、あらかじめ水を温め、この予熱された水を従来型に比べて少ないガス消費量でバーナーにより加熱する省エネ設計の給湯器です。排熱を利用して効率よくお湯をつくる省エネ設計で、エネルギーを大切に使うから、環境や家計にもやさしい給湯器です。

●少ない水でもしっかり洗浄のトイレ

少ない水量で強力に洗浄し、汚れをしっかり洗い流します。従来型と比べ、約1/3の水量できれいに洗いあげます。

●省エネで長寿命なLED照明

LED照明は、蛍光灯や白熱灯などに比べて省エネ効果が高く、長寿命である点など、地球環境に優しい照明として注目を集めています。共用部照明と専有部のダウンライトにLED照明を採用(一部除く)することにより、省エネとエコノミーの両立を可能にしました。

●断熱性・気密性が高い玄関ドア、サッシを採用

各住戸の玄関ドアには断熱性と気密性、さらに防火性、防犯性に優れた鋼板玄関ドアを採用しました。また、サッシには冷房の冷気をあまり外に逃さず、冬場のすきま風などを室内へあまり入れ込まない、気密性が高い(玄関ドアも同様)サッシを採用しました。室内の冷暖房に使用するエネルギー効率を良くして、省エネルギー対策の役割を果たします。
メーカー公表による。

サッシ(参考写真)

■算出条件【キッチン水栓】[使用人数]4人家族、[年間使用日数]365日[CO2換算係数]〈水道〉0.54kg/㎥※省エネ・防犯住宅推進アプローチブックより、〈ガス〉2.23kg/㎥※(一社)日本バルブ工業会より【浴室シャワー水栓】従来品のシャワー最適流量は10L/分で年間水量使用量58,690L、eエコシャワーNFワンストップ付は最適流量は7L/分で年間水使用量は32,866Lで試算。節湯B1基準0.6N時の流量7L/分より算出、JISB2061による節湯B1性能。※数値はあくまで目安であり、記載通りの数値を保証するものではありません。【エコジョーズ】東邦ガス試算条件にもとづくシミュレーションによるものであり、試算結果はあくまで一例です。実際の光熱費は、各家庭でお使いの機器、使用状況などの条件によって異なります。シミュレーションには、導入時に必要となる初期費用(ガス機器購入費や設置工事費など)を含んでおりません。<試算条件>給湯負荷 15,843MJ、暖房負荷 10,200MJ (「平成25年省エネルギー基準に準拠した算定・判断の方法及び解説」を元に東邦ガスで算定)。暖房給湯器の場合、従来型暖房給湯器は床暖トクトク料金標準プラン、エコジョーズは床暖トクトク料金エコジョーズプラン※。熱効率(給湯部)を従来型80%、エコジョーズ95%、熱効率(暖房部)を従来型80%、エコジョーズ89%として試算したものです。※床暖トクトク料金およびエコジョーズ料金のご契約にはお客さまのお申込みが必要です。【LED照明】年間点灯時間:2,000時間(1日5〜6時間点灯した場合)、電気代:電力量1kWあたり27円(税込)、消費電力:一般白熱球54w、LED照明8w【食器洗い乾燥機】【1回あたりの使用例(食器点数37点、小物点数20点の場合)】【RKW-404Aで洗った場合(60℃給湯接続)】標準コース1回の使用水量約10.2L【手洗い】10Lのお湯(約40℃)でつけ置き洗いをした後、食器1点あたり13.5秒、小物1点あたり5.5秒、毎分6Lの流し湯ですすいだ場合使用水量71.00L、1日2回使用した場合の365日で算出。【高断熱風呂フタ+高断熱浴槽】高断熱浴槽と断熱風呂フタの組み合わせで「高断熱浴槽仕様」となり、温度低下が4時間で2.5℃以内というJISに規定される保温性能があります。浴槽内のお湯を循環させて配管の凍結を防止するタイプの追い焚き機能付き給湯器の場合は、浴槽の温度が低下します。※数値はあくまで目安であり、記載通りの数値を保証するものではありません。【トイレ】従来品の便器標準洗浄水量13L、年間使用洗浄水量75,920L、節水型便器の標準洗浄水量、大4.8L、小3,6L、年間使用洗浄水量、年間使用洗浄水量22,338Lで算出。※数値はあくまで目安であり、記載通りの数値を保証するものではありません。※上記記載内容は各概当内容の試算ベース数値・金額等の変更により、省エネ数値等が変更になる場合があります。

SOUND ENVIRONMENT

音環境

多種多様な生活音対策

●水まわりの遮音に配慮した壁

居室と水まわりの間の壁は、約12.5mmのプラスターボードに遮音シートまたはプラスターボードを二重貼りとし、遮音に配慮しています(PS及び一部水まわりを除く)。

住戸内壁断面概念図(PS等一部を除く)

●水ハネ音が静かな低騒音設計シンク

キッチンシンクには水があたる際の音を軽減する静音タイプを採用しました。シンク裏面に制振材を貼ることで、水や調理器具や食器などがあたる音を抑えます。

参考写真

参考写真

●遮音に配慮した排水集合管とたて管

住戸内を縦に貫通する排水管(たて管)では、流水音がすることがあります。そこで、排水たて管はスムーズな水の流れをつくる「排水集合管(排水用特殊継手)」とし、さらに居室に面する配管には遮音シート等の遮音対策を施しました。(一部の配管除く)

※たて管とは排水管などの横引き管から縦に水を誘導排出する管です。

トイレ・水まわりの配管概念図

●引き出しや収納扉のソフトクローズ仕様

使用頻度が高いキッチンの引き出しには、静かに閉まる次世代の引き出しシステム「ヘティヒ社のアーキテックレール」を採用しました。生活音の発生を抑制することができます。(一部除く)

参考写真

参考写真

●住戸間のコンクリート壁は仕上げ材直貼り(一部除く)仕上げ

住戸間の壁はコンクリートの暑さを約200mmにして、太鼓現象※を防ぐために仕上げ材(ビニールクロス)を直貼りにしています。(一部[15F住戸]除く)

参考写真

※太鼓現象とは、壁と壁の間に隙間が生じる事で太鼓のように音が増幅される現象のことです。 太鼓は皮だけを叩いても音はしませんが、胴体を共鳴、共振させることで、大きな音が出るこの仕組みと同じです。

●吊戸(ハンガードア)を採用[ソフトクローズ仕様]

住戸内の引戸には吊戸(ハンガードア)を採用し、通常の引戸にある戸車の転がる音に比べて静かに開け閉めができます。また、力を入れずにラクに開閉できるのも大きな特徴です。

参考写真

参考写真

●玄関ドアのドアクローザー

玄関ドアには開閉時にゆっくりとドアの開け閉めができるドアクローザーを設置しました。ドアの開閉音を軽減すると共に開閉時の事故防止に配慮しました。

ドアクローザーは開閉スピード調整する事ができます。

参考写真

参考写真

※掲載のイラスト等は概念図、参考CGです。また、設備・機器の写真等は他物件のクリオ ライフスタイルサロン(一部有償設計変更あり)を撮影した参考写真で、一部タイプにより仕様・設備が異なる場合があります。家具・調度品、有償オプション等は販売価格に含まれません。また一部現場写真、その他は参考写真(同一の形質、内容)となります。
PAGE TOP