駅1分に暮らす

地下鉄東豊線「元町」駅(約15m/徒歩1分)

「元町」駅 徒歩1分。
地下鉄駅のとなりに暮らす。

住まい選びの決め手にもなり得る最寄り駅までの距離。
ただ近いだけではでなく隣接しているという毎日を想像してみてください。
通勤や通学が便利になるだけではなく、気軽に地下鉄で札幌都心へ。
身も心も軽やかに暮らせる日常が、きっと叶うことでしょう。

借景外観完成予想図
借景外観完成予想図
立地イメージイラスト
立地イメージイラスト

「駅1分」×「都心直結」が叶える
ゆとりある暮らしへ。

札幌ではなかなか巡り会うことの少ない「駅1分」×「都心直結」の邸宅は、
住まう方々に「時間のゆとり」だけでなく
「心のゆとり」「身体のゆとり」などをもたらし、悠々とした日常を演出します。

  • merit1

    忙しい朝も
    ゆったり朝食

    駅が目の前だから時間にも余裕が
  • merit2

    急な雨や雪でも大丈夫

    傘がなくても走って帰れる距離
  • merit3

    仕事で遅くなっても

    駅からすぐだから女性でも安心
  • mert4

    買物で荷物が多くても

    駅を出ればすぐに我が家だから楽ちん
  • merit5

    毎日の通勤・通学も

    電車の時間に合わせて、
    ゆとりをもってお出かけ
  • merit6

    将来的な資産として

    将来的なリセールバリューが期待できます

札幌の新築分譲マンションで、
駅1分は、わずか9%以下。※1

これまで札幌市内で多くのマンションが分譲されていますが、
その中で最寄駅から徒歩1分のマンションは、わずか9%以下。
いかに巡り会うことの少ない希少性の高いものであるかがわかります。

figure
※1:2009年1月~2018年12月までの間に札幌市内で新築分譲されたマンションにおける割合(不動産流通研究所データをもとに作成)

地下鉄駅徒歩1分の価値

時を経て輝きだす歓びを。
駅徒歩1分が持つ、もうひとつの価値。

分譲マンションには当然ですが、不動産としての資産価値があります。
その価値の指標のひとつがリセールバリュー。築10年経って中古物件として売買された場合に新築時からどれくらい価格が変動しているかを計るものです。
東京23区の例では、駅徒歩3分以内の物件リセールバリューは、110%超。
「駅に近い」ということが、いかに重要な意味を持つかをご理解いただけるのではないでしょうか。

※2007年1月〜2007年12月に新築分譲され、2017年1月〜2017年12月に中古流通した分譲マンションを対象に新築分譲価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出。
※専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニットは集計から除外
※出典:(株)東京カンテイ
東京23区 築10年中古マンション
最寄駅からの所要時間別リセールバリュー
東京23区 築10年中古マンション最寄駅からの所要時間別リセールバリュー

※表示の徒歩分数は1分=80mで計算した概算であり、端数は切り上げています。
※借景外観完成予想図は、現地周辺写真(2018年5月撮影)に設計段階の図面を基に描き起こした外観完成予想CGを合成したもので、形状・色等は実際とは異なる場合があります。形状の細部、設備機器等は表現していません。表現されている植栽は設計段階のものであり、変更になる場合があります。また葉の色合いや枝ぶりや樹形は想定であり、竣工から生育期間を経た状態のものを描いています。また特定の季節状況を示すものではありません。敷地周辺の建物などについては省略しています。
※掲載の立地イメージイラストは周辺の立地を概念化しイラスト化したもので、地形・起伏・建物の大きさ・距離・方向・眺望等は実際とは異なります。また、建物の形状・色等は実際とは異なる場合があります。形状の細部、設備機器等は表現していません。敷地周辺の建物などについては省略しています。周辺の建物・道路等は省略・簡略化しています。
※地下鉄東豊線「元町」駅5番出入口は、2019年4月現在の形状を描いたもので今後変更になる可能性があります。
※掲載の写真は2018年9月・2019年4月に撮影したもので、一部写真はCG処理を行っております。
※特に記載のない画像はイメージです。
※掲載の情報は2019年8月現在のものであり今後変更になる可能性があります。