MERIT コンパクトマンションの魅力

あなたのライフスタイルに合わせたチョイスコンパクトマンションの魅力

私が住むのに
ちょうどいい広さ

30㎡〜50㎡未満のコンパクトプランはシングルやディンクスの都市生活者には購入しやすくちょうどいい広さです。

先進設備が魅力

女性の視点で設けられた様々な設備。さらに強固なセキュリティは都市生活者にぴったりです。

ONもOFFも嬉しい
「職・住・遊」近接

駅に近く、お店も多いロケーションなので、忙しく毎日を送る人や都心を謳歌する人たちに好適です。

将来を考えた
資産性が魅力

万一お部屋を使わなくなり、賃貸に出す場合でも、家賃保証システムを活用することができます。

コンパクトマンション購入は、 こんなお悩みの方にオススメ

イメージ写真
実家からの独立
イメージ写真
賃貸脱出に
イメージ写真
のちの資産として

今と将来を考えた 賢い住まい選び

将来的に住み替え時の売却や資産運用を考えた場合に、高い資産性が維持できる住まいを購入すれば、さらに有利です。
マンション購入時には自分が居住する住まいであっても、 投資による資産価値を考えて選ぶことも大切です。

マンション購入から売却or賃貸シミュレーション

今、コンパクトマンションを買うべき4つの理由

意外と知らないマンション購入の疑問・不安にお答えします。

質問1本当に今、
購入していいの?

A.史上最低金利の今が買い時です。

現在は、マンション価格は高騰をしながらも、住宅ローン金利は史上最低時代です。
一昔前の都市銀行の金利2.475%の支払い額とどれくらい違うのでしょう。

2,500万円の住宅ローンを金利2.475%と0.420%で比べた場合、

2.475%の場合、月々約89,039 0.420%の場合、月々約64,016 月々の差額は25,023 35年間で約1,050万円も差がつきます。

※弊社提携ローン利用、変動金利0.420%、借入総額2,500万円、ボーナス払い0円、元利均等35年返済の場合のシミュレーションです。
金利の変動は想定しておりません。※詳しくは係員にお問い合わせください。

質問2購入と賃貸では
どんな差が?

A.マンション購入は資産形成ができます。

賃貸住宅の家賃は掛捨て。払っていても資産にはなりません。
早めにマンション購入することで賃料だった分を資産形成に当てられます

家賃7万円でも35年間住むと総支払額は2,940万円もかかります…さらに支払いは続きます。

※賃貸更新料等は考慮しておりません。

質問3購入には多くの
頭金が必要?

A.100%のローンが可能です。

本物件は100%のローンを組むことが可能で頭金が少なくても購入可能
頭金を貯めるよりも、早く購入して資産を持つ方が有利という考え方もあります。

少ない頭金で購入可能です。

頭金10万円の場合と100万円の場合
比べても返済額は約2,305円の差しかありません。

※借入可能額は、金融機関や借入れる方により異なります。詳しくは係員にお問い合わせください。

質問4いつかは
住まなくなるかも

A.家賃保証システムを活用することができる。

万一お部屋を使わなくなり、賃貸に出す場合でも、
家賃保証システムを活用することができます。

オーナー様に手をかけさせず
毎月家賃が受け取れます。

家賃保証概念図

※詳しくは係員にお問い合わせください。

その後のライフスタイルに 変化があったらどうしよう…

急な転勤

イメージ写真

そんなときは家賃保証システムを利用し、お部屋を貸し出して、家賃収入で住宅ローンの返済をする。

結婚

イメージ写真

そんなときは売却してファミリーマンションに買い替える。

実家に戻る

イメージ写真

そんなときは売却または家賃保証システムを利用して資産形成をする。

マンション購入 VS 賃貸物件

家賃として月々の支払っているお金が、自分の資産のためになるとしたらどうでしょうか?
購入したら、月々の支払い額が現在の家賃よりも安くなる場合もあったりします。

マンション購入と賃貸のメリットを比較

家賃を払い続けるのは もったいない!

家賃を35年間払い続けた場合の支払い額

家賃を35年間払い続けた場合の家賃帶ごとの表
  • 家賃保証システムとは株式会社ミヨシアセットマネジメントが建物を借上げ、賃貸運営業務を行うシステムです。空室、賃料の滞納、集金の手間など、賃貸経営における様々なリスクを軽減することができます。
  • 毎月の家賃および入居者を将来に渡って保証するものではありません。家賃の定期的な見直しにより減額となる場合がございます。また、契約期間中に経済事情の変動や土地・建物の低下などの理由により解約となる場合もございます。尚、毎月の家賃収入額は公租、公課及び物件の維持に必要な費用を控除する前のものです。また、月額の管理費、修繕積立金などは所有者(オーナー様)のご負担となります。詳しくは係員にお問い合わせください。
想いをかなえ、時をかなでる。 明和地所グループ

Copyright © MEIWA ESTATE Co., Ltd. All rights reserved.

ページトップへ戻る