公式アプリ限定情報公開中!登録不要完全無料 アプリをインストール 公式アプリ限定情報公開中!登録不要完全無料 アプリをインストール

二人の専門家が語る「クリオ レジダンス横浜ベイサイド」暮らしの魅力二人の専門家が語る「クリオ レジダンス横浜ベイサイド」暮らしの魅力外観完成予想図

  • Profile 福岡由美氏 ヒューズエンタープライズ代表。住宅情報誌・住宅情報ウェブサイト等でコラムやレポートを多数執筆。取材経験を生かしセミナー講師等も務める。Profile 福岡由美氏 ヒューズエンタープライズ代表。住宅情報誌・住宅情報ウェブサイト等でコラムやレポートを多数執筆。取材経験を生かしセミナー講師等も務める。
  • Profile 岡本郁雄氏 不動産領域のコンサルタント・FPとしてセミナー講師や執筆、メディアなどで活躍中。中小企業診断士・住地建物取引士、ファイナンシャルCFP。Profile 岡本郁雄氏 不動産領域のコンサルタント・FPとしてセミナー講師や執筆、メディアなどで活躍中。中小企業診断士・住地建物取引士、ファイナンシャルCFP。

住まいの魅力

美しい街路に面した南西・南東角地を
活かした伸びやかな全体プランニング

敷地配置図
左右にスワイプできます。
  • 外観完成予想図
    周囲と調和する美しい外観デザイン
    「クリオ レジダンス横濱ベイサイド」の魅力は、住宅街区の南西・南東道路の角地に建つという恵まれたロケーションを活かしたプランニングにあります。南西側は、幅員10.5mの公道に面し、サルスベリなどの花木が植えられた星野町公園が広がります。一方南東方向は幅員15mの公道の先に隣接街区の街路樹が植えられ清々しい印象ですね。
  • 建物1階にスーパーを誘致(完成予想図)
    1階にスーパーが入店し買い物が便利に
    接道面が両方向長いため南西方向・南東方向にワイドな建物形状で視認性が高くとても開放的。建物外観は、バルコニー面をガラスパネルとタイルで組み合わせることでシンボリックかつ美しいフォルムに。外周に豊富な植栽を施すことで、周囲と調和しリズミカルな印象を醸成しています。また、建物の南東側1階にスーパーが入店(予定)するのは時短の面でも、労力の面でも大きな魅力でしょう。(岡本氏)

住む立場に立って考えられた
充実の共用施設と豊富な
プランバリエーションが魅力

  • 外観完成予想図
    ベビーコーナーやキッズコーナーも
    充実の共用施設の数々も本物件の魅力の一つ。広々したエントランスホールのコーナーサッシの前には水盤と植栽が広がり木目調の屋内空間と馴染んでリゾートホテルのようです。雨の日も子どもを遊ばせられるベビーコーナー、キッズコーナーと一体でママホールを設けることで、子どもに目を配りながらママ友と会話を楽しむこともできます。(岡本氏)
  • 車寄せのあるエントランス(完成予想図)
    住まいの価値を高める、細やかな演出
    子どもと出掛けやすいように建物1階部分に駐輪場を設けているのも機能的です。車寄せを設けたエントランス前に、サクラの木を植樹し格調高い迎賓のつくりに。こうした細やかな演出は住まう方の心地よさにつながり、時を重ねるとともにマンションの価値を高めるに違いないでしょう。これら共用部を南西側1階に配置することで公園の緑が借景となり開放感も演出していますね。(岡本氏)
平均専有面積79m2超※1
100m2オーバーのプランも多く
用意されているのは魅力的
対談する福岡氏と岡本氏
南東・南西向き中心で通風・採光も良好
本物件の南東・南西向き中心の開放的なロケーションは、豊富なプランバリエーションを提供するといった点でも魅力的ですね。南東・南西向き中心の住戸プランは全24タイプ。総戸数165戸という大規模プロジェクトでありながらワイドな建物形状で住戸列を確保しています。また平均専有面積は79㎡超と広く(※1)、ゆとりのプラン構成となっているのにも驚きました。広さの確保によって収納豊富なプランが目立ちますが、1階にスーパーがあることで余分な買い置きは必要なさそうでスマートな暮らしが実現できそうです。建物の奥に駐車場を配することで風の道を確保し、通風・採光も良好です。(岡本氏)
ゆとりある家族生活=住空間の広さ
国土交通省の『住生活基本計画』によると、マンション(都市居住型)の誘導居住面積水準は《20㎡×世帯人数+15㎡》としています。つまり、3人家族であれば75m2が目安となるわけですが、現在の首都圏では、その水準をクリアしにくい状況。しかし、本物件のプランニングは『ゆとりある家族生活=住空間の広さ』が最大のテーマ。あえて4LDKプランを無くして“広いLD空間”を優先するなど、クリオシリーズが得意とする『間取り企画力』が存分に発揮されています。100m2超のプランが多く用意されているのも昨今では珍しいですし、とても魅力的に映りますね。(福岡氏)

充実の設備・仕様が揃う魅力のプラン。
「conomi(コノミ)」で実現する
理想の住空間【Jタイプ】
水まわり動線が機能的で家事効率をアップ!
収納も豊富な女性好みの3LDK

Jtype 3LDK+WIC+SIC 専有面積/78.04m2 バルコニー面積/12.40m2 ポーチ面積/4.61m2
conomi自分好みの理想の住空間を実現できる、セレクトシステム「conomi(コノミ)」
家具の配置がしやすいアウトポール設計
生ゴミを粉砕処理するディスポーザーなど設備・仕様が充実している点も本物件の魅力。Low-E複層ガラス、食器洗浄乾燥機など暮らしやすさをサポートする快適・便利な機能が備わっています。家族にフィットした生活空間を演出する明和地所独自のセレクトシステム「conomi(コノミ)」も注目ポイント。ベースカラーやキッチンスタイル、リビングドアのデザインなどが無償でセレクト可能。間取り変更、収納拡張などにも有償で対応しています(ともに申込期限あり)。家族が同じマンションで長く快適に暮らせることは経済的にもうれしい要素。豊富なプランバリエーションと「conomi(コノミ)」を組み合わせることで家族が思い描く理想の住空間が叶うのではないでしょうか。(岡本氏)
【pHタイプ】100m2超の広さをあえて3LDKにしたゆとりのプラン
3面採光の《pHタイプ》は、近年なかなかお目にかかる機会がない100㎡超の大型住戸。通常なら5LDKもつくれる広さながら、あえて広々した約17.7畳のLD、大型納戸、約8.0畳の広々主寝室が提案されています。各居室にウォークインクローゼット、玄関には二連の下足入、キッチンにはパントリーがあるなど、収納量もたっぷり。都心に近い立地・ゆとりある広さ・標準仕様のグレードの高さ、そしてエリアの将来性を含めて、将来の家族生活を豊かに導いてくれそうな物件だと感じました。(福岡氏)
pHtype 3LDK+3WIC 専有面積/100.13m2 バルコニー面積/24.93m2 ポーチ面積/12.53m2

暮らしの魅力

横浜駅やみなとみらい地区の
華やかな賑わいが日常的な生活圏に。
都心アクセスも快適

交通アクセス図
  • 多くのショップが入る「MARK IS みなとみらい」までは約1900mと日常の生活圏に入る
  • グルメや買い物が楽しめる「横浜ベイクオーター」は約2100mと自転車で行ける距離
  • 「東神奈川」駅東口には整備されたペデストリアンデッキがあり歩きやすい
『横浜』駅へ2分、『品川』駅へ18分。地形はフラットで自転車移動も容易
本物件が誕生するのは、いま“横浜のひとつ隣駅”として穴場的な注目度で住まいニーズが高まっている『東神奈川』エリア。現地周辺は地形がフラットで自転車移動もスムーズに行えるため、横浜駅周辺やランドマークタワーなど多くの商業施設が集い、グルメやショッピングが楽しいみなとみらい地区の華やかな賑わいを日常的な生活圏にできるのが魅力です。
「東神奈川」駅東口にはペデストリアンデッキが
また、『東神奈川』駅からはJR京浜東北線・横浜線、京浜急行本線(仲木戸駅)の3路線の利用が可能で、『横浜』へ1駅2分、『新横浜』へ7分、『品川』へ18分、『東京』駅へ27分(※2)など、横浜方面はもちろん、都心へのアクセスも良好でビジネスパーソンも軽快に暮らせるアクセス利便が強みとなっています。
駅西側には大型商業施設。
物件周辺は整備された
“海を身近に感じる美しい住居ゾーン”
イオンスタイル東神奈川(約1300m、徒歩17分)
  • ビッグヨーサン東神奈川店(約1560m、徒歩20分)
  • 運河の流れが港町の風情を感じさせる道を通り物件方面へ(約300m、徒歩4分)
  • 現地には遊具も充実した公園が隣接(後方の白い塀が建設地)するなど、美しく整備された街並みが大きな魅力だ(2018年7月撮影)

『東神奈川』駅には駅ビルの『シァルプラット東神奈川』が直結。そして西口一帯は大型商業施設『イオンスタイル』や『ビッグヨーサン』が建ち並ぶ商業ゾーン。一方、東口を出てペデストリアンデッキを渡り、物件方向へ歩を進めると再開発で整備された『コットンハーバー地区』があり、いかにも横浜らしい“海を身近に感じる美しい住居ゾーン”が広がっています。そのエリアの一角に誕生するのが全165戸・地上11階建ての『クリオ レジダンス横濱ベイサイド』です。

現地には公園が隣接。整備された美しい街が魅力
駅からの道のりは、子どもと手をつないでいてもゆったり歩ける道幅のフラットアプローチ。途中にある歩道橋は、まわりの風景を見渡すことができるガラス張りのデザインでエレベーターも設置されているため、ベビーカー等の移動もスムーズに行えます。港町の風情が漂う運河の水面を眺めたり、対岸のみなとみらい地区の高層ビル群を眺めてながら歩いていると、現地前に到着。街の風景の変化を心地よく楽しみながら歩くことができるので、駅徒歩13分の表示ながら、実際にはもっと身近な距離感に感じられると思います。

わざわざ出かけなくても生活街区に
スーパー、教育・医療・
レジャー施設が揃う環境

建設地横で仮店舗で営業しているスーパー「プラザ栄光生鮮館」は物件1階で開業予定
物件1階にスーパーが入店予定!!
先に述べたように『東神奈川』駅周辺には、多くの商業施設が揃い、駅の利用ついでに買い物を済ませることもできますが、本物件の場合は“わざわざ駅前まで出かけなくても身近な生活街区内に主な施設が揃っている”という点に注目したいところ。マンション1階には、生鮮食料品に加えベビー用品などの生活雑貨も揃うスーパー『プラザ栄光生鮮館』が開業予定で、毎日のお買い物の“時短”が可能になります。
  • 天然温泉のスパやスポーツジムが入る「INSPA横浜」(約360m、徒歩5分)
  • 「トップインドアステージ横浜コットンハーバー」(約330m、徒歩5分)
  • 「あだち歯科医院」は徒歩1分の近さ(約70m)
現地前の「星野町公園前」バス停から東神奈川駅や横浜駅行バスが運行(2018年7月撮影)
物件目の前で「横浜駅」行のバスが運行
周辺を歩くとクリニック、保育園などの教育施設(※3)に加え、フットサル施設やテニススクール、海を眺めるスパまで揃っていますから、家族のレジャーも“徒歩5分のお散歩圏内”で楽しめます。また、現地目の前の『星野町公園前』バス停からは、『横浜駅前』行きのバスが運行し、そごう1階バスターミナルまで約12分で到着するので、デパートを日常の買い物スポットとして利用できる点も生活満足度の高さにつながりそうです。
緑豊かで遊具も充実した「星野町公園」が物件に隣接(約20m、徒歩1分)
“快適に暮らす”ために造られた街
ここまで見てきたように、本物件は街の機能が整い、快適な新生活をスタートできます。広々した街区や親子で歩きやすい歩道、緑豊かな公園など子育て面でも安心できるポイントが多く“快適に暮らすための街”として設計されたのびやかな風景に魅了されることでしょう。また同エリアの北側で新たな土地区画整理事業が計画されており、今後より発展することも予想されます。この点については岡本先生からご説明いただきましょう。

横浜ベイフロントの
新たな街づくりとして期待される
東高島駅北地区土地区画整理事業

横浜ベイエリア地区概念図(出典:横浜市都市整備局)
今も進化を続ける横浜ベイフロント
1854年のペリー来航から160年余り、小さな港町から日本第2位の370万人超の人口を誇る街として発展した横浜市。その中心である横浜ベイフロントは、カタチを変えながら今も進化を続けています。1983年に誕生したみなとみらい21地区は、土地区画整理事業によって生まれた広大な街区に横浜ランドマークタワー、クイーンズスクエア横浜、パシフィコ横浜などの都市施設が建てられ就業人口10万人を超える先進の街へと変貌しました。
  • 東高島駅北地区土地区画整理事業計画概念図(出典:横浜市都市整備局)
  • 東高島駅北地区土地区画整理事業エリア概念図
    (出典:横浜市都市整備局)
  • コットンハーバーの美しい街並み(※4)
東高島駅北地区土地区画整理事業エリア(約320m)の運河沿いを歩く岡本氏。
土地区画整理事業は周辺エリアの将来性にも影響
さらに横浜駅東口に隣接する横浜ポートサイド地区は、商住混在の市街地・倉庫・工場街から再開発によって都市型住宅街に生まれ変わりました。そして今、横浜ベイフロントの中で新たに始まる街づくりとして期待されているのが、東神奈川臨海地区です。横浜駅1.8㎞圏に位置する臨海部と「東神奈川」駅の間の約7.5haにのぼる東高島駅北地区において土地区画整理組合が平成30年6月に設立されました。都市計画道路を含む土地区画整理事業によって住宅用地・商業用地・医療施設用地などの街区が生まれる予定です(※5)。

この土地区画整理エリアは本物件の誕生する美しく整備されたコットンハーバー地区の北側に近接。「東神奈川」駅周辺の賑わいを抜け、本物件に向かう間にある、よく言えば運河など港町の風情が残るエリア。悪く言えば何もないエリアです。このエリアが開発されることは、本物件の居住者にとっても大きな意味を持ちます。みなとみらい21地区の誕生によって関内や桜木町など周辺地域の魅力を高めたように、東神奈川臨海地区の開発が進めば、昼夜の滞在人口が増え利便性も高まり、コットンハーバー地区を含めたエリア全体の将来性にも期待できるでしょう。

※掲載の敷地配置図、完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは多少異なります。外観形状の細部、設備機器等は表現していません。表現されている植栽は計画段階のものであり、変更になる場合がございます。また、葉の色合いや枝ぶりや樹形は想定であり、竣工から生育期間を経た状態のものを描いております。また特定の季節状態を示すものではありません。予めご了承ください。
※1:平均面積は全165戸(分譲予定住戸149戸及び事業協力者住戸16戸)で算出。
※2:JR「東神奈川」駅より、「横浜」駅へ/京浜東北線利用。「新横浜」駅へ/横浜線快速利用。「品川」駅へ/京浜東北線利用、「川崎」で東海道本線に乗り換え。「東京」駅へ/京浜東北線利用、「川崎」で東海道本線に乗り換え。掲載の所要時間は日中平常時のもので、乗り換え・待ち時間は含みません。
※3:ハーバーサイドクリニック(約70m、徒歩1分)、横浜みなとメディカルクリニック(約220m、徒歩3分)、YMCA東かながわ保育園(約180m、徒歩3分)、小鳩保育園本園(約970m、徒歩13分)、幸ケ谷小学校(約1260m、徒歩16分)、栗田谷中学校(約2160m、徒歩27分)。
※4:光の柱は物件の位置を示すもので、規模や高さを表すものではありません
※5:東高島駅北地区土地区画整理事業(2023年度完成予定、事業主体:土地区画整理組合)

PAGE TOP

閉じる

専門家対談インタビュー公開中!住まい&環境編