プロによる建物チェックと保証で不動産売却にもっと安心を 建物チェック・保証サービスプロによる建物チェックと保証で不動産売却にもっと安心を 建物チェック・保証サービス

明和地所の仲介 建物保証サービスとは

売主様から買主様へのお引渡しから1年間、
住宅防水部や給排水管路など建物に不具合が発生した際に保証が受けられるサービスです。

※戸建が対象になります。

第三者による建物チェック

第三者が、物件をチェックするので買主様に安心を与えられます。

築年数は問いません

物件の築年数に関わらずお申込みいただけます。

220万円(税込)までの修理保証

物件お引渡し後の一定期間の修理費用を「明和地所」が最大220万円(税込)まで保証します。

※対象毎の修理限度額は【サービス概要】をご覧ください。

シロアリ保証あり

戸建において不安なシロアリ保証もついています。

※55万円(税込)まで

サービスの流れ

サービスの流れ サービスの流れ

建物検査内容(例)

給排水管のチェック
シロアリ調査
住宅防水部チェック
木部の腐食

建物補修期間について

物件のお引渡しから1年間に見つかった建物に関する不具合(契約不適合)に対して、最大220万円(税込)※ まで修理の対応を行います。

引渡日 引渡日

※検査はリビングポイント株式会社、修理・保証は提携会社の日本リビング保証株式会社が実施いたします。
※対象毎の修理限度額は【サービス概要】をご覧ください。
※1:シロアリ保証は55万円(税込)まで

通常のお取引では

(一社)不動産流通経営協会の標準売買契約書式の場合、建物の不具合(契約不適合)は、物件お引渡後から3ヶ月間は売主が修繕する責任を負うとされています。

サービス概要

サービス内容 ①屋外(外壁・軒裏・ドア・サッシ・バルコニー・屋根・土台・床組)
②屋内(柱・内壁・天井・小屋組・床・基礎)
③給排水管路(屋外・床下・天井裏・キッチン・浴室・洗面所・トイレ・外壁貫通部)
④シロアリ検査
上記①~③について、手の届く範囲での触診検査ならびに観察できる範囲での目視検査および一部計測器による検査を実施します。
④においては床下環境(カビの有無・腐朽または菌糸、子実体の有無、シロアリの蟻道、被害の有無)および建物外周、玄関まわり等のシロアリの害について検査を実施します。

引渡し後に建物に不具合(契約不適合)が発生した場合、修理費用を1年間・最大220万円(税込)まで明和地所が保証するサービスです。
対象物件 一戸建て
弊社営業エリア内の物件
連棟構造の建物(タウンハウス、テラスハウス等)、店舗、店舗併用住宅、賃貸併用住宅、事務所併用住宅ではないこと
検査方法 一戸建て … 弊社指定業者による調査を実施
サービス対象者 売主様 買主様
  • 個人の方(一般法人・宅建業者を除く)
  • 弊社規定の仲介手数料をお支払いの方
  • 弊社の建物検査を実施した物件を購入した個人の方
    (一般法人・宅建業者を除く)
  • 弊社規定の仲介手数料をお支払いの方
  • 自己居住用物件として購入される方
サービス対象期間 引渡し後3ヶ月間 引渡し後4ヶ月目以降から引渡後1年間
サポート上限金額
  • 上限220万円(税込)
  • シロアリの害は55万円(税込)
備考 ※契約不適合責任が免責、または契約不適合責任期間が3ヶ月未満の売買契約は対象外となります。
※分譲会社等のアフターサービス保証等がある場合は、そちらの保証が優先されます。
※不具合箇所の補修・駆除にあたっては、弊社指定の補修会社をご利用いただきます。
※サービス対象範囲および補修・駆除の範囲については、弊社が定める本サービスの約款に基づき対応いたします。
※本サービスは、対象物件引渡し後に判明した不具合について、本サービス約款に基づき一定期間補修・駆除費用の負担を行うものであり、不具合が生じないことを保証するものではありません。
※上限金額を超える修理・交換・補修・駆除費用はお客様のご負担となります。
※検査は検査日から1年間有効です。
※その他、本サービスの適用対象外となる場合があります。詳しくは担当者にお問い合わせください。

対象範囲

お引渡し後に、現に建物内部に雨漏りが発生している場合に限りサポート対象

雨漏り(屋根、外壁開口部の取合部、外壁部分)

※現に雨漏りが発生していない場合、瓦のずれ、ひび割れおよび外壁のクラックなどの現象が生じているだけでは、補修などの対象とはなりません。

外部バルコニー、軒裏、垂木等外部目部はサポート対象外。

建物構造上主要な部位の木部の腐食

建物周辺部の植木、切り株または近隣はサポート対象外

シロアリの害(屋根裏、壁、床、床下、土台)

設備機器と給排水管とのジョイント部分はサポート対象外

給排水管の故障(給水管、排水管)

※雨水を排除するため住宅に設ける排水管のうち、当該住宅の屋根もしくは外壁の外部または屋外にある部分は対象となりません。

よくあるご質問

売却時のQ&A

物件売却時の「媒介契約」って何?
売主様が不動産の売却を依頼する際、仲介業者との間で結ぶ契約のことを「媒介契約」といいます。
媒介契約には1社としか契約できない「専属専任媒介契約」・「専任媒介契約」と、複数社と契約できる「一般媒介契約」の3種類があります。
明和地所株式会社では「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」を締結していただいた売主様に対して本サービスを提供いたします。
住宅設備検査の結果、不具合があったら修理が必要ですか?
不具合の程度にもよりますが、事前に修理をされておいた方が、買主様も安心できます。修理を希望される場合は、弊社提携の修理業者をご紹介させていただきます。
現在賃貸中の物件を売却する場合でも「明和地所の仲介 住宅設備保証サービス」・「明和地所の仲介 建物保証サービス」を利用できますか?
可能です。

購入時のQ&A

売主様が明和地所株式会社以外に売却依頼をしている物件はどうなりますか?
大変申し訳ございませんが、明和地所株式会社以外の不動産会社が売主様から売却の依頼を受けている物件については、「明和地所の仲介 住宅設備保証サービス」・「明和地所の仲介 建物保証サービス」をご利用いただくことができません。
設備保証の利用回数に制限はありますか?
保証期間中であれば、何度でもご利用いただけます。
「明和地所の仲介 住宅設備保証サービス」・「明和地所の仲介 建物保証サービス」は物件の築年数による制限はありますか?
築年数による制限はありません。ただし、対象となる設備や付属品はメーカーによっては既に製造中止となっている場合など修理ができない場合があります。

売買共通のQ&A

「契約不適合責任期間」ってどういうこと?
「契約不適合責任」とは、売買契約において気づくことができなかった隠れた不具合(瑕疵)があった際に、売主様は買主様に対して一定期間その修復の責任を負うことを言います。
(一社)不動産流通経営協会の標準売買契約書式の場合では、建物については引渡し完了日から3ヶ月間と定められています。
住宅設備の「修復義務期間」ってどういうこと?
「修復義務」とは売主様が使用可能な状態で引渡すとした「主要設備」の故障・不具合について、一定期間その修復の責任を負うことを言います。(一社)不動産流通経営協会の標準売買契約書式の場合では、住宅設備については引渡し完了日から7日間と定められています。
「建物状況調査」とは何ですか?
「建物状況調査」とは、宅地建物取引業法に規定される調査で、国の登録を受けた既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士(既存住宅状況調査技術者)が、既存住宅の基礎、外壁等の部位毎に生じているひび割れ、雨漏り等の劣化・不具合の有無を目視・計測等により実施するものです。
明和地所株式会社では「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」を締結していただいた売主様に対して本サービスを提供いたします。

不動産査定のご依頼ご相談はこちら

いますぐ無料査定