-クリオレジダンス新さっぽろ- 建築現場勉強会レポート

北海道との包括連携協定に基づき、北海道の建設・不動産に関わる人材育成のため、2016年10月に建築現場勉強会を開催いたしました。 今回は、北海学園大学工学部建築学科の岡本教授、足立准教授、学生の方々、総勢15名に参加していただきました。

建築現場勉強会

今回の建築現場は「新さっぽろ」駅徒歩4分の「クリオレジダンス新さっぽろ」です。
総戸数158戸、15階建てのプロジェクトで、竣工は2017年6月を予定しています。

まずはモデルルームで、用地仕入の経緯を明和地所の建設担当者から、工事進捗を岩田地崎建設の施工担当者から写真等で紹介。

ヘルメットをかぶって建築現場に移動。
2班に分かれて説明を受けます。

躯体工事中の12F。
普段見ることのできない高所での型枠工事に皆さん興奮気味です。

コンクリート打設後の状況を確認。
まだ住戸の境目がありません。

住戸の間の戸界壁が設けられ、ウレタンが吹付けられた状態。
北海道は寒冷地なので、断熱材が厚く作られています。

天井や壁の下地ボードを貼る前の状態。
配管、配線などがどのように通っているかがわかります。

現場作業員が下地ボードの取付けを実演。
学生たちからは歓声が上がっていました。

下地が出来上がって、この後クロスを貼っていきます。
キッチンなどの住宅設備機器も取付けが終わっています。

クロス貼り完了。フローリングを貼れば完成です。
現場監督の仕事について熱心に質問する学生たち。

完成して家具を設置した状態の棟内モデルルームを見学。
初めてモデルルームを訪れる学生さんも多かったようです。

北海学園大学のみなさん